Nature Medicine 目次

Volume 24 Number 10

表紙について

腸マイクロバイオームの組成は患者の健康と関係している場合が多い。このことは、臨床研究によって実証されている。しかし、最近の研究によって、腸マイクロバイオームの組成には、健康と思われる患者の間であってさえ、大きなばらつきが見られることが明らかになった。今回、マイクロバイオームに関する2つの大規模な臨床研究によって、こうしたばらつきに関わる2つの要因、すなわち民族性と居住地域について、斬新な知見が得られた。表紙のイラストはH Zhouたちの研究(p. 1532)をコンセプチュアルアート風に表したもの。Zhouたちは、中国の1つの省に含まれる14の区に属する7009人からなるコホートを対象にして、微生物相の変動に最も強く関連するのは、宿主の居住場所であることを明らかにしている。 Letters p.1532, 1526;News & Views p. 1495

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News Features

水に流してはいけない—下水にはウイルス情報がたんまり含まれている

Going to waste p.1484

doi: 10.1038/s41591-018-0218-0

患者ナビゲーションは健康格差をなくすのに役立つのか

Lost in the maze p.1488

doi: 10.1038/s41591-018-0208-2

News & Views

CARから逃れる腫瘍—鬼さんこちら

Tumors evading CARs—the chase is on p.1492

doi: 10.1038/s41591-018-0212-6

ゲノム塩基編集による治療を目指して

Towards therapeutic base editing p.1493

doi: 10.1038/s41591-018-0215-3

民族的特徴や地理的環境がヒト腸マイクロバイオームの組成に及ぼす影響

The influence of ethnicity and geography on human gut microbiome composition p.1495

doi: 10.1038/s41591-018-0210-8

より良いオピオイド処方のための処方箋?

A prescription for better opioid prescribing? p.1496

doi: 10.1038/s41591-018-0214-4

Brief Communications

がん治療:1個の白血病性B細胞の形質導入によって生じたキメラ抗原受容体T細胞療法に対する抵抗性

Induction of resistance to chimeric antigen receptor T cell therapy by transduction of a single leukemic B cell p.1499

doi: 10.1038/s41591-018-0201-9

がん治療:急性リンパ芽球性白血病のCAR19療法での標的抗原消失の遺伝的機構

Genetic mechanisms of target antigen loss in CAR19 therapy of acute lymphoblastic leukemia p.1504

doi: 10.1038/s41591-018-0146-z

Letters

網膜疾患:コロイデレミアに対する網膜遺伝子治療を受けた患者で見られた視力への有益な効果

Beneficial effects on vision in patients undergoing retinal gene therapy for choroideremia p.1507

doi: 10.1038/s41591-018-0185-5

遺伝子治療:治療のためにin uteroでCRISPRを介して行われる代謝関連遺伝子編集

In utero CRISPR-mediated therapeutic editing of metabolic genes p.1513

doi: 10.1038/s41591-018-0184-6

遺伝子治療:成体マウスでのin vivoゲノム塩基編集による代謝性肝疾患の治療

Treatment of a metabolic liver disease by in vivo genome base editing in adult mice p.1519

doi: 10.1038/s41591-018-0209-1

腸内微生物相:民族的起源は多様だが地理的環境を共有する集団での腸内微生物相の組成の全体像

Depicting the composition of gut microbiota in a population with varied ethnic origins but shared geography p.1526

doi: 10.1038/s41591-018-0160-1

腸内微生物相:地域的な変動は健康な腸のマイクロバイオームの参照範囲や疾患モデルの適応範囲を制限する

Regional variation limits applications of healthy gut microbiome reference ranges and disease models p.1532

doi: 10.1038/s41591-018-0164-x

がん:後期段階の腫瘍は貧血と免疫抑制性の髄外赤芽球系前駆細胞を誘導する

Late-stage tumors induce anemia and immunosuppressive extramedullary erythroid progenitor cells p.1536

doi: 10.1038/s41591-018-0205-5

がん治療:免疫チェックポイント阻害療法に対する転移性黒色腫の応答の強力な予測

Robust prediction of response to immune checkpoint blockade therapy in metastatic melanoma p.1545

doi: 10.1038/s41591-018-0157-9

Articles

がん治療:T細胞の機能不全や排除の特徴はがん免疫療法への応答を予測する

Signatures of T cell dysfunction and exclusion predict cancer immunotherapy response p.1550

doi: 10.1038/s41591-018-0136-1

がん:ディープラーニングによる非小細胞肺がんの組織病理学的画像の分類および変異予測

Classification and mutation prediction from non–small cell lung cancer histopathology images using deep learning p.1559

doi: 10.1038/s41591-018-0177-5

結節性硬化症:結節性硬化症の遺伝学的改変ヒト皮質スフェロイドモデル

Genetically engineered human cortical spheroid models of tuberous sclerosis p.1568

doi: 10.1038/s41591-018-0139-y

ALS:iPSC由来運動ニューロンを用いた孤発性ALSモデル作製により見つかった有望な治療薬

Modeling sporadic ALS in iPSC-derived motor neurons identifies a potential therapeutic agent p.1579

doi: 10.1038/s41591-018-0140-5

免疫:免疫経路は、ワクチンによるSIV感染防御の多数の機構を限定する

Route of immunization defines multiple mechanisms of vaccine-mediated protection against SIV p.1590

doi: 10.1038/s41591-018-0161-0

がん:がん細胞で見られる転写依存はYAP/TAZがBRD4を介して仲介する

Transcriptional addiction in cancer cells is mediated by YAP/TAZ through BRD4 p.1599

doi: 10.1038/s41591-018-0158-8

Resources

神経膠芽腫:神経膠芽腫の進行の際のDNAメチル化の全体像から明らかになった時空間的に広範囲にわたる不均一性

The DNA methylation landscape of glioblastoma disease progression shows extensive heterogeneity in time and space p.1611

doi: 10.1038/s41591-018-0156-x

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度