Nature Medicine 目次

Volume 23 Number 3

表紙について

ケシはモルヒネなどのオピオイドの天然の原料である。オピオイドの強力な鎮痛作用は非常に貴重なものだが、長期間使用すると、鎮痛耐性、痛覚過敏や離脱症状が生じることがある。N E Burmaたちは今回、脊髄のミクログリアにあるパネキシン1(Panx1)チャネルがオピオイドの離脱症状に重要な働きをしており、齧歯類ではPanx1を遮断すると離脱症状が緩和できることを明らかにした。S PuigとH B GutsteinはNews & Viewsで、この知見についてNature Medicine2月号でG Corderたちが報告した結果と共に論じている。
LETTER p.355 画像提供:Nicole Burma, Trang laboratory

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

NEWS FEATURE:アミロイドタンパク質が織り出す謎:アミロイドと呼ばれる異常なタンパク質がさまざまな臓器に沈着するアミロイドーシスは発症原因が未だに不明なことに加えて、症状が特異的でないために診断が難しく、根治療法も確立されていない。だが、治療の選択肢は増えつつあり、薬物療法、幹細胞移植、抗体療法などが開発中で期待が高まっている。しかしアミロイドーシスについてはまだ謎が多く、この種の疾患では1つの事態だけが起こっていると限定して治療法を考えるのは危険だと専門家は考えている。

A protein puzzle: Untangling the mysterious condition of amyloidosis p.266

doi: 10.1038/nm0317-266

NEWS FEATURE:赤ちゃんの脳にズームイン:近年、MRI装置は大幅に改良され、子宮内にある胎児の脳を詳細に画像化できるようになり、また、新生児病棟に持ち込める小型MRIも開発された。MRIは脳の正常な発生状況を明らかにするだけでなく、未熟児の脳回路の接続状態や、先天性心疾患が胎児の脳に及ぼす影響の研究にも用いられている。MRI技術はジカウイルス感染の胎児への影響という緊急性の高かった問題の解明に重要な役割を果たしており、最近では新生児の脳の自閉症のリスク上昇と関連するとされる構造的特徴の研究にも使われている。

What advances in fetal and newborn imaging have revealed p.270

doi: 10.1038/nm0317-270

News & Views

オピオイド:良いところはそのままに、悪いところは取り除く

Opioids: keeping the good, eliminating the bad p.272

doi: 10.1038/nm.4277

ニコチン性受容体のα5サブユニットは喫煙と統合失調症を結び付ける

α5 nicotinic receptors link smoking to schizophrenia p.277

doi: 10.1038/nm.4300

Brief Communication

泌尿器疾患:α-リポ酸の投与はシスチン尿症のマウスモデルでシスチン尿路結石症を防ぐ

α-Lipoic acid treatment prevents cystine urolithiasis in a mouse model of cystinuria p.288

doi: 10.1038/nm.4280

Letters

統合失調症:ニコチンは嗜癖と統合失調症の動物モデルで前頭葉機能低下を回復させる

Nicotine reverses hypofrontality in animal models of addiction and schizophrenia p.347

doi: 10.1038/nm.4274

疼痛治療:ミクログリアのパネキシン1チャネルの遮断は齧歯類のモルヒネ離脱症状を軽減する

Blocking microglial pannexin-1 channels alleviates morphine withdrawal in rodents p.355

doi: 10.1038/nm.4281

心疾患:サーチュイン1は心臓のナトリウムチャネルの脱アセチル化により心臓電気活動を調節する

Sirtuin 1 regulates cardiac electrical activity by deacetylating the cardiac sodium channel p.361

doi: 10.1038/nm.4284

免疫:腫瘍関連T細胞を調節する独特な自然リンパ球集団

A distinct innate lymphoid cell population regulates tumor-associated T cells p.368

doi: 10.1038/nm.4278

Articles

がん:転移段階にある肺がんの分子的特徴づけはCD109–Janusキナーゼ–Stat軸が治療標的候補であることを示している

Molecular definition of a metastatic lung cancer state reveals a targetable CD109–Janus kinase–Stat axis p.291

doi: 10.1038/nm.4285

白血病:クレアチンキナーゼ経路はEVI1陽性急性骨髄性白血病における代謝的脆弱性である

The creatine kinase pathway is a metabolic vulnerability in EVI1-positive acute myeloid leukemia p.301

doi: 10.1038/nm.4283

共生微生物相:多数の身体部位での乳幼児マイクロバイオーム群集の構成と機能の成熟、および分娩様式との関係

Maturation of the infant microbiome community structure and function across multiple body sites and in relation to mode of delivery p.314

doi: 10.1038/nm.4272

肝炎:慢性B型肝炎でミトコンドリア機能不全を標的とすれば、疲弊したHBV特異的CD8 T細胞の抗ウイルス活性を回復できる

Targeting mitochondrial dysfunction can restore antiviral activity of exhausted HBV-specific CD8 T cells in chronic hepatitis B p.327

doi: 10.1038/nm.4275

免疫:JNK1は真菌に対する自然免疫応答をCD23発現の抑制により負に制御する

JNK1 negatively controls antifungal innate immunity by suppressing CD23 expression p.337

doi: 10.1038/nm.4260

Review

NETosis:非感染性疾患における好中球細胞外トラップの新しい役割

An emerging role for neutrophil extracellular traps in noninfectious disease p.279

doi: 10.1038/nm.4294

Resources

がん:DNAメチル化の不均質性はユーイング肉腫における疾患スペクトラムを規定する

DNA methylation heterogeneity defines a disease spectrum in Ewing sarcoma p.386

doi: 10.1038/nm.4273

Technical Report

ゲノム解析技術:ホルマリン固定パラフィン包埋標本からの単一細胞全ゲノムコピー数プロファイリング

Whole-genome single-cell copy number profiling from formalin-fixed paraffin-embedded samples p.376

doi: 10.1038/nm.4279

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度