目次

Volume 23 Number 11

表紙について

N6-メチルアデノシン(m6A)というRNAメチル化は、mRNAで最もよく見られる修飾である。L P Vuたちは、急性骨髄性白血病ではm6Aを形成する酵素METTL3の発現が正常な未熟血球に比べて増加していることを見いだし、METTL3がその標的であるmRNAの安定性や翻訳効率の制御によって白血病を促進することを明らかにした。表紙イラストは、m6A修飾(赤色)の見られるmRNAを含む骨髄性白血病細胞を描いたもの。
イラスト:Lewis Long、画像提供:Ly P Vu

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

ゲノム関連解析から性染色体を外してはいけない

Accounting for sex in the genome p.1243

doi: 10.1038/nm.4445

News

NEWS FEATURE:予測可能な応答:人工知能(AI)を使って薬剤への反応を予測し、最適な薬剤や用量を算出する試みが始まっている。これに加えて、臨床データの既存のデータベースや電子カルテのマイニングがAIによって行われるようになれば、副作用などの情報も得られて、さらに有用性が高まるだろう。

Predictable response: Finding optimal drugs and doses using artificial intelligence p.1244

doi: 10.1038/nm1117-1244

NEWS FEATURE:ストーク(柄)をストーキングする新しいワクチン:ウイルス表面に突き出たスパイクタンパク質の頭部は変異が生じやすいが、柄の部分は変異が起こりにくく、進化も遅い。この柄の部分を標的とする手法を使えば、多様なウイルスに効果のあるユニバーサルワクチンが実現可能になるかもしれない。

Stalking new vaccines: Methods that target the stems of viral proteins could put universal vaccines within reach p.1248

doi: 10.1038/nm1117-1248

News & Views

NAFLDに関わる長距離の低酸素シグナル伝達

Long-range hypoxia signaling in NAFLD p.1251

doi: 10.1038/nm.4436

骨髄性悪性腫瘍に見られるエピトランスクリプトームの脆弱性

An epitranscriptomic vulnerability in myeloid malignancies p.1252

doi: 10.1038/nm.4435

脂肪組織でカテコールアミンを処分してしまうマクロファージ

Macrophages dispose of catecholamines in adipose tissue p.1255

doi: 10.1038/nm.4440

Letters

肺がん:Keap1の喪失はKras駆動型肺がんを促進し、グルタミン分解への依存を生じさせる

Keap1 loss promotes Kras-driven lung cancer and results in dependence on glutaminolysis p.1362

doi: 10.1038/nm.4407

白血病:N6メチルアデノシン(m6A)を形成する酵素METTL3は正常造血細胞と白血病細胞の骨髄細胞分化を制御する

The N6-methyladenosine (m6A)-forming enzyme METTL3 controls myeloid differentiation of normal hematopoietic and leukemia cells p.1369

doi: 10.1038/nm.4416

認知障害:海馬カルビンディン-D28kのΔFosBによるエピジェネティックな抑制は発作に関連した認知障害を引き起こす

Epigenetic suppression of hippocampal calbindin-D28k by ΔFosB drives seizure-related cognitive deficits p.1377

doi: 10.1038/nm.4413

Articles

HIV:エイズウイルスの全身的負荷を決定し、その治癒戦略への影響を明らかにする

Defining total-body AIDS-virus burden with implications for curative strategies p.1271

doi: 10.1038/nm.4411

ウイルス感染:ナチュラルキラー細胞はアフリカミドリザルのリンパ節濾胞内へ遊走し、サル免疫不全ウイルスの複製を制御する

Natural killer cells migrate into and control simian immunodeficiency virus replication in lymph node follicles in African green monkeys p.1277

doi: 10.1038/nm.4421

アレルギー性疾患:エポキシ化オメガ-3脂肪酸はIgEを介するマスト細胞活性化の規模を制御するオートクリンメディエーターである

Omega-3 fatty acid epoxides are autocrine mediators that control the magnitude of IgE-mediated mast cell activation p.1287

doi: 10.1038/nm.4417

脂肪肝:腸の低酸素誘導性因子2αの肥満時に起こる活性化は脂肪肝の一因となる

Activation of intestinal hypoxia-inducible factor 2α during obesity contributes to hepatic steatosis p.1298

doi: 10.1038/nm.4412

肥満:交感神経ニューロン関連マクロファージはノルエピネフリンの取り込みと代謝により肥満の一因となっている

Sympathetic neuron–associated macrophages contribute to obesity by importing and metabolizing norepinephrine p.1309

doi: 10.1038/nm.4422

乳がん:染色体1q21.3増幅は乳がん再発の追跡可能なバイオマーカーで、標的としても使用できる

Chromosome 1q21.3 amplification is a trackable biomarker and actionable target for breast cancer recurrence p.1319

doi: 10.1038/nm.4405

がん治療:lncRNA MIR100HGに由来するmiR-100とmiR-125bはWnt/βカテニンシグナル経路を介してセツキシマブ抵抗性を仲介する

lncRNA MIR100HG-derived miR-100 and miR-125b mediate cetuximab resistance via Wnt/β-catenin signaling p.1331

doi: 10.1038/nm.4424

神経膠芽腫:細胞質のp53は発がん遺伝子誘導性グルコース代謝とアポトーシスを連動させており、神経膠芽腫での治療標的となる

Cytoplasmic p53 couples oncogene-driven glucose metabolism to apoptosis and is a therapeutic target in glioblastoma p.1342

doi: 10.1038/nm.4418

神経膠腫:神経膠腫幹細胞をBMI1とEZH2との同時阻害を介して標的とする

Targeting glioma stem cells through combined BMI1 and EZH2 inhibition p.1352

doi: 10.1038/nm.4415

Review

免疫:バリアー組織のマクロファージ:環境が投げ掛ける難問への機能的適応

Barrier-tissue macrophages: functional adaptation to environmental challenges p.1258

doi: 10.1038/nm.4430

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度