Nature Medicine 目次

Volume 23 Number 12

表紙について

Broutierたちは、患者の組織からヒト原発性肝がん(PLC)由来オルガノイドを作り出した。このようなPLC由来オルガノイドでは、組織学的構造から遺伝的形質、トランスクリプトームの特徴まで、ヒトPLCの特性全てが再現されていて、薬剤スクリーニングのプラットフォームとして使用できる。表紙は、肝細胞がん(HCC)由来のオルガノイドの共焦点顕微鏡による投射画像で、HCCのマーカーであるAFPは白色に、核は色素のHoechstで染色されて青色に見えている。
画像提供:Laura Broutier

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

肝臓脂肪を取り除く:NAFLD新規動物モデルの必要性

Cutting out the liver fat p.1385

doi: 10.1038/nm.4459

News

News & Views

自己DNAの認識が心臓の炎症を促進する:傷ついたハートが機能不全に陥るわけ

Recognition of self-DNA drives cardiac inflammation: why broken hearts fail p.1400

doi: 10.1038/nm.4455

T細胞性悪性腫瘍を狙い撃ちする細胞免疫療法

Targeted cellular immunotherapy for T cell malignancies p.1402

doi: 10.1038/nm.4458

温度適応的な熱産生にCa2+循環が果たす役割はもっと多い

Fattening the role of Ca2+ cycling in adaptive thermogenesis p.1403

doi: 10.1038/nm.4457

Letters

肥満:肝臓でのエクトジスプラシンA発現の上昇は骨格筋での肥満誘導性インスリン抵抗性の原因となることが、マイクロRNAスクリーニングにより示された

A microRNA screen reveals that elevated hepatic ectodysplasin A expression contributes to obesity-induced insulin resistance in skeletal muscle p.1466

doi: 10.1038/nm.4420

睡眠:特定のニューロンのラプスは、断眠後に起こるヒトでの認知ラプスに先行する

Selective neuronal lapses precede human cognitive lapses following sleep deprivation p.1474

doi: 10.1038/nm.4433

心筋梗塞:IRF3とI型インターフェロンは心筋梗塞への致死的応答を促進する

IRF3 and type I interferons fuel a fatal response to myocardial infarction p.1481

doi: 10.1038/nm.4428

Articles

繊維化:ADAM10によるエフリンB2のシェディングは筋繊維芽細胞の活性化と臓器の繊維化を促進する

ADAM10-mediated ephrin-B2 shedding promotes myofibroblast activation and organ fibrosis p.1405

doi: 10.1038/nm.4419

白血病:T細胞白血病に対する免疫療法のためのT細胞受容体β鎖定常領域の標的化

Targeting the T cell receptor β-chain constant region for immunotherapy of T cell malignancies p.1416

doi: 10.1038/nm.4444

肝臓がん:疾患モデル作製と薬剤スクリーニングのためのヒト原発性肝臓がん由来オルガノイド培養

Human primary liver cancer–derived organoid cultures for disease modeling and drug screening p.1424

doi: 10.1038/nm.4438

免疫療法:インテグリンβ7の活性型構造はCAR T細胞療法のための多発性骨髄腫特異的な新規標的である

The activated conformation of integrin β7 is a novel multiple myeloma–specific target for CAR T cell therapy p.1436

doi: 10.1038/nm.4431

食欲調節:アスプロシンは中枢作用性の食欲促進性ホルモンである

Asprosin is a centrally acting orexigenic hormone p.1444

doi: 10.1038/nm.4432

代謝:SERCA2bを介したカルシウム循環が関与するUCP1非依存的なシグナル伝達はベージュ脂肪細胞の熱産生と全身のグルコース恒常性を調節する

UCP1-independent signaling involving SERCA2b-mediated calcium cycling regulates beige fat thermogenesis and systemic glucose homeostasis p.1454

doi: 10.1038/nm.4429

Technical Report

細胞系譜追跡法:遺伝学的な細胞系譜追跡法の精度を2種類のリコンビナーゼを用いて高める

Enhancing the precision of genetic lineage tracing using dual recombinases p.1488

doi: 10.1038/nm.4437

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度