目次

Volume 23 Number 10

表紙について

マラリアに対する免疫の詳細な解明は、マラリアに有効なワクチンと免疫調節療法の開発に不可欠である。今回J Hartyたちは、制御性T細胞が阻害性受容体CTLA-4を介して通常のT細胞応答や胚中心B細胞応答を阻害し、抗マラリア免疫に影響を及ぼすことを明らかにした。表紙の画像は、ネズミマラリア原虫(Plasmodium yoelii)に感染したマウスに抗CTLA-4を投与した後の脾臓中の胚中心の反応を描いたもので、CD4+ヘルパーT細胞(緑)、B細胞(青)、胚中心B細胞(白)、および形質芽細胞(赤)が示されている。

画像提供:Samarchith P. Kurup and the University of Iowa Central Microscopy Research Facility.
イラスト:Erin Dewalt

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

NEWS FEATURE:独占販売権がもたらす不安:米国で新たに発効したジェネリック医薬品の製造を製薬会社に奨励するための条項は、あまり効果はなさそうだと考えられており、以前にジェネリック薬品の薬価暴騰を引き起こしたジェネリック市場における180日間の販売独占権がまた厄介な問題をもたらすことの方が、むしろ懸念されている

Angst about exclusivity: The potential cost of incentivizing makers of generic drugs p.1114

doi: 10.1038/nm1017-1114

NEWS FEATURE:ミッション・コントロール:経済的利益より社会や環境への配慮を優先する「ベネフィット・コーポレーション」への転換という世界的な流れの中で、製薬業界でも、株主優先をある程度制限できるという利点もあるこのビジネスモデルが検討されるようになってきた。こうした形が製薬業界でうまくいくかどうかはともかく、大きな収益を狙う投資ファンドの介入を避け、「利益よりも公益を優先」をミッションとする製薬企業に関心を示す投資家の数もわずかとはいえ増えているようだ。

Mission control: Drug developers test the 'benefit corporation' business model p.1117

doi: 10.1038/nm1017-1117

News & Views

GDF15とエネルギー収支:肥満治療に使える可能性が指摘されていたサイトカインが再び注目を浴びる?

GDF15 and energy balance: homing in on a mechanism p.1119

doi: 10.1038/nm.4414

MeCP2を遺伝子操作してその標的を探る

Engineering MeCP2 to spy on its targets p.1120

doi: 10.1038/nm.4425

非コードRNAはがん治療管理に役立つマーカーである

Noncoding RNAs as effective markers in cancer-care management p.1122

doi: 10.1038/nm.4423

Brief Communication

ウイルス感染症:ヒトモノクローナル抗体治療は進行したラッサ熱から非ヒト霊長類を防御する

Human-monoclonal-antibody therapy protects nonhuman primates against advanced Lassa fever p.1146

doi: 10.1038/nm.4396

Letters

肥満:GDF15の代謝への影響はオーファン受容体GFRALを介している

The metabolic effects of GDF15 are mediated by the orphan receptor GFRAL p.1215

doi: 10.1038/nm.4393

マラリア:制御性T細胞は赤血球期マラリアに対する急性および長期の免疫をCTLA-4を介して妨害する

Regulatory T cells impede acute and long-term immunity to blood-stage malaria through CTLA-4 p.1220

doi: 10.1038/nm.4395

がん:ACTRT1とそのエンハンサーのRNAエレメントに生じた変異は遺伝性と孤発性の基底細胞がんでヘッジホッグシグナル伝達の異常な活性化を引き起こす

Mutations in ACTRT1 and its enhancer RNA elements lead to aberrant activation of Hedgehog signaling in inherited and sporadic basal cell carcinomas p.1226

doi: 10.1038/nm.4368

白血病:ミトコンドリアの酸化的リン酸化を標的として治療抵抗性の慢性骨髄性白血病幹細胞を根絶する

Targeting mitochondrial oxidative phosphorylation eradicates therapy-resistant chronic myeloid leukemia stem cells p.1234

doi: 10.1038/nm.4399

Articles

肥満:GFRALはGDF15の受容体であり、リガンドのGDF15はマウスや非ヒト霊長類で体重減少を促進する

GFRAL is the receptor for GDF15 and the ligand promotes weight loss in mice and nonhuman primates p.1150

doi: 10.1038/nm.4392

肥満:GFRALはGDF15の受容体であり、GDF15の抗肥満作用に必要である

GFRAL is the receptor for GDF15 and is required for the anti-obesity effects of the ligand p.1158

doi: 10.1038/nm.4394

がん:長鎖非コードRNAのEGFR-AS1は上皮増殖因子受容体依存を仲介し、扁平上皮がんでの治療応答を修飾する

Long noncoding RNA EGFR-AS1 mediates epidermal growth factor receptor addiction and modulates treatment response in squamous cell carcinoma p.1167

doi: 10.1038/nm.4401

がん:血管周囲細胞のKLF4に依存する可塑性は前転移ニッチの形成と転移を達成させる

Long noncoding RNA EGFR-AS1 mediates epidermal growth factor receptor addiction and modulates treatment response in squamous cell carcinoma p.1176

doi: 10.1038/nm.4400

がん:多層性ロゼットを有する胎児性腫瘍のマウスモデルはソニックヘッジホッグ阻害剤が治療薬となる可能性を明らかにしている

A mouse model for embryonal tumors with multilayered rosettes uncovers the therapeutic potential of Sonic-hedgehog inhibitors p.1191

doi: 10.1038/nm.4402

レット症候群:マウスでのMeCP2のビオチンタグ付けから明らかになったレット症候群トランスクリプトームについての状況的知見

Biotin tagging of MeCP2 in mice reveals contextual insights into the Rett syndrome transcriptome p.1203

doi: 10.1038/nm.4406

Reviews

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度