Nature Medicine 目次

Volume 20 Number 4

表紙について

キンドラー症候群(KS)は表皮水疱症の一種で、皮膚がんのリスク上昇を伴う。R Fässlerたちは、この疾患の新しいマウスモデルを作出し、それを使ってKSの発症機序についての新たな手掛かりを得た。表紙は、Kindlin-1を欠失するマウスの尾の皮膚にある異所性毛包で、毛包バルジ(赤色)が肥大し、毛包原基(緑色)が小さくなっている。青色は核である。ARTICLE p. 350(画像提供:著者)

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

英国のシンクタンクが、新しい抗生物質の開発を促進する一方で、強力な多剤耐性菌の出現を適切な使用によって防止するには、政府が開発費を負担して新薬を買収し、セールスと「切り離す」べきだと提案し、議論を呼んでいる

Report urges controversial 'delinkage' to foster new antibiotics p.320

doi: 10.1038/nm0414-320

適応型デザインで計画された臨床試験での新薬の最適な投与量を迅速に見いだす方法を探るコンソーシアムに多数の製薬企業が参加

Adaptive methods help drug sponsors find best treatment dose p.321

doi: 10.1038/nm0414-321

大腸がんの新しい検査法Cologuardが近々認可されるが、これは従来の内視鏡検査に比べてずっと受診しやすいことで、検査の普及に役立ちそうだ

To foster screening, new colon cancer tests emphasize convenience p.322

doi: 10.1038/nm0414-322

HIV感染治療での難問の1つであるアドヒアランスの問題を克服するために設計された長期作用するHIV薬は大きく進歩した

Long-acting HIV drugs advanced to overcome adherence challenge p.323

doi: 10.1038/nm0414-323

Between Bedside and Bench

腫瘍の不均一性は事態を面倒にするが、解明の手掛かりにもなる:関わり合いを評価する

Tumor Heterogeneity Confounds and Illuminates: Assessing the implications p.342

doi: 10.1038/nm.3522

腫瘍の不均一性は事態を面倒にするが、解明の手掛かりにもなる:腫瘍のダーウィン型進化の一例

Tumor Heterogeneity Confounds and Illuminates: A case for Darwinian tumor evolution p.344

doi: 10.1038/nm.3518

News & Views

赤血球形成の新発見の調節因子を標的にして貧血を軽減する

Targeting a new regulator of erythropoiesis to alleviate anemia p.334

doi: 10.1038/nm.3524

感染が引き起こす低鉄血症は「諸刃の剣」である

Hypoferremia of infection: a double-edged sword? p.335

doi: 10.1038/nm.3526

減量手術の効果の鍵を握るのはFXRか?

FXR: the key to benefits in bariatric surgery? p.337

doi: 10.1038/nm.3525

Letters

サラセミア:トランスフォーミング増殖因子βスーパーファミリーのリガンド捕捉剤ACE-536は赤血球形成の後期段階の促進により貧血を治療する

Transforming growth factor-β superfamily ligand trap ACE-536 corrects anemia by promoting late-stage erythropoiesis p.408

doi: 10.1038/nm.3512

神経変性疾患:血漿リン脂質は高齢者における記憶障害の前駆状態を明らかにする

Plasma phospholipids identify antecedent memory impairment in older adults p.415

doi: 10.1038/nm.3466

感染症:エストロゲン関連受容体γのインバースアゴニストは宿主の鉄恒常性の調整によりネズミチフス菌感染を制御する

Inverse agonist of estrogen-related receptor γ controls Salmonella typhimurium infection by modulating host iron homeostasis p.419

doi: 10.1038/nm.3483

エイズ:in vivoでのHIV-1潜伏の解除に有効な単剤と無効な単剤を区別する新規なex vivo手法

New ex vivo approaches distinguish effective and ineffective single agents for reversing HIV-1 latency in vivo p.425

doi: 10.1038/nm.3489

Articles

幹細胞:Kindlin-1はWntとTGF-βの利用可能性を調節して皮膚幹細胞の増殖を制御する

Kindlin-1 controls Wnt and TGF-β availability to regulate cutaneous stem cell proliferation p.350

doi: 10.1038/nm.3490

がん:組織の機能的構造はマイクロRNAに依存するPTEN発現を調整して悪性腫瘍のプログレッションを調節する

Tissue mechanics modulate microRNA-dependent PTEN expression to regulate malignant progression p.360

doi: 10.1038/nm.3497

アテローム性動脈硬化:マイクロRNA-126-5pはDlk1の抑制により内皮増殖を促し、アテローム性動脈硬化を制限する

MicroRNA-126-5p promotes endothelial proliferation and limits atherosclerosis by suppressing Dlk1 p.368

doi: 10.1038/nm.3487

肥満:ネトリン1は肥満の際に脂肪組織でのマクロファージ滞留とインスリン抵抗性を増進する

Netrin-1 promotes adipose tissue macrophage retention and insulin resistance in obesity p.377

doi: 10.1038/nm.3467

糖尿病:MST1は糖尿病でのβ細胞のアポトーシスと機能不全の重要な調節因子である

糖尿病:MST1は糖尿病でのβ細胞のアポトーシスと機能不全の重要な調節因子である p.385

doi: 10.1038/nm.3482

サラセミア:アクチビン受容体IIAのリガンド捕捉剤はβサラセミアでの無効造血を正常化する

An activin receptor IIA ligand trap corrects ineffective erythropoiesis in β-thalassemia p.398

doi: 10.1038/nm.3468

Technical Reports

がん:循環血中の腫瘍DNAからKRASおよびBRAFの変異を検出する方法の臨床評価

Clinical validation of the detection of KRAS and BRAF mutations from circulating tumor DNA p.430

doi: 10.1038/nm.3511

画像化法:多重イオンビーム画像化法によるヒト乳房腫瘍の解析

Multiplexed ion beam imaging of human breast tumors p.436

doi: 10.1038/nm.3488

画像化法:健常時および罹患時の有髄軸索の分光共焦点反射顕微鏡法による無標識in vivo画像化

Label-free in vivo imaging of myelinated axons in health and disease with spectral confocal reflectance microscopy p.443

doi: 10.1038/nm.3495

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度