生物学を支配する不定形の凝集体

細胞内のあちこちで見られる奇妙な液滴。2009年の論文を皮切りに、それに関する報告は毎年うなぎ上りだ。生体分子凝集体と名付けられたこの液滴は、本当に、液‒液相分離によって形成されるのか?どのような働きをしているのか?研究者たちは今、この謎の解明に取り組んでいる。

LINE スタンプ