アーカイブ検索

キーワード

セクション

  • 2024年は気候スーパー選挙イヤー

    2024年には二酸化炭素排出量が特に多い5つの国や地域で選挙が実施され、これらの結果は、今後数年間の気候変動対策の方向性を左右する可能性がある。

    2024年6月号

  • 網羅的アプローチで精密医療の実現へ

    最適な治療薬を見つけるために、患者個々人のがん細胞を何十種類もの薬剤で処置して反応を調べる。

    2024年6月号

  • タンパク質画像は動画の時代に

    時間分解クライオ電子顕微鏡法は細胞の内部の仕組みを教えてくれる。

    2024年6月号

  • 米国の大学に影を落とす文化戦争

    大学に対する政治的圧力が強まりつつある今、科学者や他の学者たちは、研究活動や教育活動が制約されることを危惧している。

    2024年5月号

  • 非営利団体は抗菌薬開発の救世主になり得るか

    薬価の安い抗菌薬は、たとえよく効いたとしても製薬会社は開発費を回収できない。非営利団体の介入で、このジレンマを克服できるだろうか?

    2024年5月号

  • 心を読むデバイスが脳の秘密を暴き出す

    人間の神経活動を解読するインターフェースは、動いたり話したりする能力を回復させることができる。こうしたデバイスは、脳機能に対する私たちの理解も変えつつある。

    2024年5月号

  • 自己免疫の嵐を鎮める

    研究者たちの数十年にわたる挫折と失敗の果てに、自己免疫疾患で破綻した「免疫寛容」を回復させる治療が現実味を帯びてきた。

    2024年4月号

  • ヒトの風邪が大型類人猿には命取りになる理由

    観光客が野生動物の生息地に入り込む機会が増えるにつれ、チンパンジーやゴリラなど絶滅の危機にある動物集団にヒトが病原体を持ち込む事例が増えてきている。

    2024年4月号

  • 貧困国のlong COVIDの「二重の呪い」

    中低所得国ではlong COVIDの有病率が明らかになっておらず、その存在は医師にも一般市民にも無視されがちである。

    2024年4月号

  • 科学研究へのAIの利用は再現性の危機を引き起こす?

    十分な知識なしに、研究に人工知能(AI)を使うことで、信頼性に欠ける論文や役に立たない論文が大量に生み出されてしまうことが懸念されている。

    2024年3月号

  • ペロブスカイトは太陽光発電の未来を担えるか

    ペロブスカイト/シリコンタンデム太陽電池の性能が大きく向上し、これらを使ったソーラーパネルの本格的な市場投入が間近に迫っているが、その未来は期待通り明るいものになるだろうか。

    2024年3月号

  • 青少年に大麻のリスクをどう伝えるか

    成人の嗜好用大麻の使用が世界で初めて合法化されてから約10年になる今、若者が大麻に接する機会は増えつつある。科学者たちは、大麻のリスクについてエビデンスに基づく勧告をしようと努力している。

    2024年3月号

  • とっておき年間画像特集2023

    NASAのジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、2023年も最高の天体画像を撮影して私たちを驚かせてくれました。地上では写真家や研究者たちが、未知の生物種や、顕微鏡によらなければ見ることができない光景を捉えました。宇宙塵から空飛ぶヤモリまで、Nature編集部の目を釘付けにした写真を紹介します。

    2024年2月号

  • 科学出版の費用は誰が負担するべきか?

    論文掲載料(APC)はオープンアクセス出版の標準的な要素になったが、これに代わるさまざまな選択肢が生み出されつつある。

    2024年2月号

  • OAを推進するコアリションSが新たな大胆計画を発表

    「プランS」によりオープンアクセス運動を加速してきた研究資金配分機関のグループが、科学出版にさらなる急進的な革命を起こそうとしている。

    2024年2月号

  • 忘れられた古いリンゴを蘇らせる

    育種家たちは、半ば忘れられた古い品種のリンゴのゲノムを探索し、この比類なき果実を未来につなごうとしている。

    2024年1月号

  • 環状RNAが開くRNA治療の新境地

    直鎖状RNAよりも安定な環状RNAは、RNA治療の新たな扉を開くかもしれない。

    2024年1月号

  • 太陽を間近で調べる2機の探査機

    2機の太陽観測探査機が、活発な活動を続ける太陽を至近距離から見つめ、太陽科学を書き換えつつある。

    2024年1月号

  • 細胞外小胞による分子送達は、病気を治療できるか?

    どうして、細胞は細胞外小胞と呼ばれる小胞を放出するのだろうか?そして、放出された小胞はどこへ運ばれ、その目的地で何をするのだろうか?

    2023年12月号

  • AIと科学:研究者1600人の意見

    Natureの調査から、科学者たちは、人工知能(AI)ツールの研究への利用が増えてきたことに強い期待と懸念の両方を感じていることが分かった。

    2023年12月号