目次

Volume 11 Number 92014年9月号

忘却の遺伝子

1990年代にアルツハイマー型認知症との関連が報告されたものの顧みられずにいた遺伝的リスク因子「アポE」。これまでアミロイドβの代謝を標的とした薬剤開発が行われてきたものの、期待に応えるほどの薬効を持つものがいまだに登場してないことから、現在、この因子に立ち戻ろうという動きがある。実際、この因子を基に、認知機能が正常な高齢者の発症を予測し、先制的な治療を施すという臨床試験が始まっている。

特別公開記事Free access

過冷却で肝臓の移植可能期間を延長する

過冷却で肝臓の移植可能期間を延長する

取り出したラットの肝臓を凍結させずに冷却保存できる溶液が開発された。これによって、ヒトの臓器移植の可能性が広がるかもしれない。

PR

「データを再利用」する時代─Scientific Data が切り開く

「データを再利用」する時代─Scientific Data が切り開く

2014年5月に創刊されたScientific Data は、データが主役のオープンアクセスジャーナルだ。高品質のデータを紹介し、他の人による再利用を促進するのだ。来日した名誉アカデミックエディターのSusanna Sansone博士は、「科学の新しい時代を作るのが、このジャーナルの使命」と語る。それは、どんな時代なのだろう。

Editorial

続々登場する評価指標をうまく利用するには

続々登場する評価指標をうまく利用するには

研究の影響度を測る指標はより高度化し、改善された商品が次々と市場に投入されている。それを用いる各大学は、それぞれの評価指標の限界に留意すべきだ。

Seven Days

News

「にがり」で太陽電池製造過程の安全性が向上

「にがり」で太陽電池製造過程の安全性が向上

テルル化カドミウム太陽電池製造過程で必要な塩化カドミウム処理を、塩化マグネシウム処理で置き換え可能なことが示された。

卵の模様でカッコウの托卵に対抗

卵の模様でカッコウの托卵に対抗

カッコウの托卵被害に遭っている鳥たちが自らの卵を守るために描き出した戦略が、視覚認識ソフトによって明らかになった。

日光浴には中毒性がある!?

日光浴には中毒性がある!?

マウスを低用量の紫外線に長期間さらすと、βエンドルフィンというオピオイドが産生されることが明らかになった。この物質は薬物依存症にも関連している。

地球の呼吸を探る、NASAの炭素観測衛星OCO-2

地球の呼吸を探る、NASAの炭素観測衛星OCO-2

7月に打ち上げられたNASAの軌道上炭素観測衛星OCO-2は、これまでになく高い精度で温室効果ガスの排出源と吸収源のマッピングを行う。

見直され始めたファージ療法

見直され始めたファージ療法

抗生物質耐性問題が拡大し続けていることを受け、100年の歴史を持つファージ療法への関心が再燃している。

息を吹き返した抗がん剤「PARP阻害薬」

息を吹き返した抗がん剤「PARP阻害薬」

いったんは開発が打ち切られた抗がん剤「オラパリブ」が、紆余曲折を経て、現在、米国食品医薬品局に承認申請されている。

News Feature

忘却の遺伝子

忘却の遺伝子

アルツハイマー病の有力な遺伝的リスク因子が20年余り前に報告されたが、研究者の多くはそれをほとんど無視してきた。しかし、その風潮がようやく変わろうとしている。

News & Views

耐性菌の抗生物質耐性を無効化する天然物

耐性菌の抗生物質耐性を無効化する天然物

カルバペネム系抗生物質は現在、重篤な感染症に対する最後の砦であるが、耐性菌の急増が世界的な公衆衛生問題になっている。今回、真菌の一種が産生する天然化合物が、カルバペネム系抗生物質耐性細菌の、カルバペネム耐性を無効化させることが分かった。

ダイヤモンドをもっと硬く

ダイヤモンドをもっと硬く

ダイヤモンド含有複合材料は世界で最も硬い材料の1つだが、極端な条件で使用すればやはり破損する。「タマネギ状」のカーボン前駆体から作製したナノ構造化ダイヤモンドなら、この問題を克服できるかもしれない。

News Scan

伝承を活かす 〜リバース薬理学の挑戦〜

伝承を活かす 〜リバース薬理学の挑戦〜

伝統的な薬草について臨床試験を行うという新たな方法で有望な結果が得られている

Nature Highlights

Nature 2014年7/3 〜7/31号のハイライトを掲載しています。

2014年7月3日号

2014年7月10日号

2014年7月17日号

2014年7月24日号

2014年7月31日号

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度