Collection

人工知能(AI)

人工知能(artificial intelligence;AI)は、その概念が提唱された1950年代後半には「知的なコンピュータープログラムおよびその作成技術」とされていましたが、近年の目覚ましい進歩とともに、その定義も変化しています。AIは休みなく膨大なデータセットを学習し、また、学習の過程でヒトの脳回路が学ぶように「ある状況では、どちらの方が適しているか」といった重み付けをすることで、まだ見ぬ少し先の未来を予測できるようになりました。ディープマインド社はこの分野を席巻し、実社会にも大きな影響を与え始めています。またAIの進歩は、病気の早期・迅速発見に役立つと期待される一方、個人の特定や戦争利用といった懸念も生んでいます。このCollectionでは、AIおよび機械学習に関係する記事を一覧にしています。


AIは新たな再現性の危機を生む?

機械学習は幅広い学問分野で用いられているが、研究者たちは、「データリーケージ」が機械学習の信頼性を脅かしていると警告する。

2022年11月号

AlphaFoldの開発者らに300万ドルのブレークスルー賞

2023年ブレークスルー賞の生命科学部門は、タンパク質の三次元構造を予測する人工知能システムを開発した研究者たちをはじめ、3つの研究にそれぞれ授与されることが発表された。

2022年11月号

AlphaFoldの潜在能力を最大限引き出すには

構造生物学で人工知能を最大限活用するには、データとソフトウエアを誰でも無料で利用できるようにすることと、計算論、理論系、実験系の研究者が緊密に連携することが必要だ。

2022年11月号

AIによる二酸化炭素排出量を小さくする

AIの訓練に伴う二酸化炭素排出量データが算出された。このデータは環境コストの削減に役立つと期待される。

2022年10月号

巨大テック企業のAI言語モデルにオープンソースモデルが挑戦状

このほど発表された大規模言語モデル「BLOOM」は、機械学習システムが訓練に使った文章を通して人のバイアスを受け継ぐという問題の解決を目指している。

2022年9月号

言語生成AIは科学をいかに変え得るか

新興技術ガバナンスの専門家であるミシガン大学(米国アナーバー)のShobita Parthasarathyに話を聞いた。

2022年8月号

失った運動、触感、対話を取り戻す脳埋め込み装置

麻痺のある人の運動やコミュニケーションを可能にする脳–コンピューターインターフェース(BCI)。より高度になりつつあるこの装置に、商業的な関心も集まっている。

2022年7月号

タンパク質構造予測AIによる革命と「その先」

タンパク質の立体構造を予測する「AlphaFold(アルファフォールド)」。2021年7月の公開から早くも生物学に大変革をもたらしつつある。

2022年7月号

遺伝子調節の神託

生物学研究の長年の目標は、DNA塩基配列から遺伝子発現を予測できるようになることだ。人工知能の1つのタイプであるニューラルネットワークを、ハイスループット実験と組み合わせることで、この目標に一歩近づいた。

2022年6月号

運転技術とマナーを兼ね備えたAI、『グランツーリスモSPORT』で勝利 Free access

PlayStation®4︎の自動車レースゲーム『グランツーリスモSPORT』。新たに開発された人工知能(AI)が、このゲームの世界チャンピオンに勝利した。レースで勝つには、リアルタイムに車両を制御していく能力に加え、対戦相手に敬意を払って運転するマナーを学ぶ必要もあった。このAIの研究開発メンバーの1人、河本献太氏(株式会社ソニーAI)に話を聞いた。

2022年6月号

ディープマインド社のAIが数学研究を支援

数学分野に機械学習を活用できないか。そう考えた研究チームは、AIに大量のデータを学習させ、数学者たちが見逃していたパターンを探し出させた。それを数学者が証明するという、AIと人間の新たな協働の形は、大規模データセットを扱う他の研究分野にも役立つ可能性がある。

2022年3月号

ディープマインド社のAIがヒトのほぼ全てのタンパク質の構造を予測

ニューラルネットワーク「AlphaFold」が、35万種類以上のタンパク質の構造を収録した革新的なデータベースを生成した。

2021年10月号

AIによるマイクロチップの設計は歓迎すべきだが、慎重な対応が必要 Free access

人工知能(AI)は、エレクトロニクス産業の障害回復力(レジリエンス)を高める上で役立つ。しかし、その利益は公平に分配されなければならない。

2021年9月号

AI冷戦の勃発を阻止せよ

人工知能の軍事利用が急増すれば世界の安全は損なわれる。私たちは倫理と国際協調を重視しなければならない。

2021年8月号

数学の「天才」AIが人類に新たな難問を出題

伝説の天才数学者シュリニバーサ・ラマヌジャンにちなんだ名が付けられたAIアルゴリズムは、数々の興味深い数式を提案するが、その中には証明が困難なものも含まれている。

2021年5月号

AI分野でも研究倫理の向上を進めている

AI分野の権威ある国際会議NeurIPSは2020年の会議で初めて、発表者に自身の研究が社会に与える広範な影響について考察することを要請した。

2021年4月号

AIによるタンパク質構造予測が飛躍的に進化

ディープマインド社のタンパク質の三次元構造を決定するプログラムが生物学に変革をもたらすと、研究者たちは期待している。

2021年3月号

論文を1文に要約するAI「TLDR」

科学論文検索エンジン「セマンティック・スカラー」に、論文を1文に要約する新機能が付いたことで、科学者が大量の論文に目を通しやすくなることが期待される。

2021年2月号

強力な抗生物質をAIで発見

これまでにない作用機序を持ち、「治療不可能」な細菌株にも有効な分子が、機械学習によって発見された。

2020年4月号

6人プレイのポーカーでAIがプロに勝利

ポーカーの中でも特に複雑な、6人プレイのテキサスホールデムで人工知能(AI)が人間に勝利したことで、実世界の難しい問題をAIが解決できるようになる日がまた近づいた。

2019年10月号

ルービックキューブを解くAI

ディープラーニングアルゴリズムが、ルービックキューブを効率よく解く方法を初めて身に付けた。

2019年10月号

顔の探偵

Doris Tsaoは、脳が顔認識に使うコードを解読した。彼女は今、私たちが顔を含めた全てのものを見る仕組みを明らかにしようとしている。

2019年3月号

AIによる査読に集まる期待

AIによる査読は査読者の負担軽減に役立つが、最終的な判断を行うのは、やはり人間だ。

2019年2月号

AIに公正な判断はできるか?

機械学習が社会に浸透しつつある今、科学者たちは公正なアルゴリズムの実現という難題と格闘している。

2018年9月号

合成手順を自ら導き出すAI

これまでに発表されたほとんど全ての一段階有機化学反応を学習させたAIツールは、それを基に分子の合成手順を導くことができ、その解は人間が考えるものと同等であることが示された。

2018年6月号

AI時代の仕事と雇用

デジタル革命は世界の労働者のあり方をどのように変えるのか、3つの観点から検証する。

2018年1月号

独習で最強になった囲碁AI

人工知能プログラム「アルファ碁ゼロ」は、人間の棋譜を学ぶことなく、短期間で囲碁を独習した。

2017年12月号

AIによるがん診断支援が現実味を帯びてきた

皮膚がんを画像解析だけで判定できるようコンピューターを訓練したところ、一部の皮膚がんについては皮膚がん専門医と同程度の精度で識別できた。これは医学的診断の未来にどのような意味を持つのだろうか?

2017年5月号

AI活用でゲノム医療・精密医療の実現へ

2016年10月、ラスベガスで開かれたIBM社の国際イベントに招かれ、人工知能「ワトソン」の医療応用について語った宮野悟 教授(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター)。人工知能を活用してゲノムのビッグデータを医療に効果的に役立たせることが今後の世界の潮流となり、そのための経済的基盤と社会的コンセンサスの構築が求められてくると宮野教授は指摘する。

2016年12月号

人工知能が囲碁をマスター

人間の思考をまねた人工知能が、囲碁でプロの棋士に勝利した!

2016年3月号

知覚情報をもとに自ら学習する人工知能

コンピューターゲームのプレイ方法を、深層学習と強化学習によって自ら学習する人工知能が開発された。この人工知能は、古典的な49種類のコンピューターゲームのうち29種類でプロのゲーマーと同等以上の成績を収め、人工知能がさまざまなタスクに適応可能なことを実証した。

2015年5月号

脳型コンピューターへの道

ヒトのニューロンをヒントにしたコンピューター・チップなら、より少ない電力で、より多くの計算をすることができる。

2014年2月号

脳の画像から、夢と心を読む

人の心をfMRI画像から読み解くという画期的な技術を開発し、世界を驚かせてきた計算神経科学者、神谷之康氏。機械学習によるパターン認識というコンピューターの手法を神経科学に持ち込み、脳の解明に挑む。今回、眠っている人の夢の中身をfMRI画像から解読することに成功した。

2013年7月号


Nature ダイジェスト を購読しませんか?

Nature ダイジェスト

「コレクション」では、Nature ダイジェスト が取り扱う幅広いNature のニュースの中から、編集部が厳選し、特定のトピックごとにまとめています。各記事は編集部が日本語で再編集しているので、解読しにくい英文に悩まされることなく、Nature の要点を読むことができます。ぜひ、購読してNature ダイジェスト の全ての記事をお楽しみください。

「Free access」と表記してある一部の特別公開記事を除き、「コレクション」の各記事全文をご覧いただくにはご購読が必要です。

購読について

  • すべてのバックナンバーにアクセス
  • プリントマガジンのPDFを毎号ご提供
  • マイブックマーク機能でまとめて管理

国内では報じられていない話題も多く掲載するNature ダイジェスト は、学生の見聞を広めるのにも役立ちます。

研究室での購読なら、法人購読の半額以下!!

大学・高校、企業、研究所など機関全体で共有される場合には「法人購読」となります。法人購読には「プリントマガジン」と「サイトライセンス」をご提供しています。

プリントマガジン

お申し込み・お問い合わせ
日本出版貿易株式会社 営業推進部
Tel: 03-3292-3755

サイトライセンス

ライセンスを購入することで、組織全体にアクセス権が付与されるオンライン購読契約です。

「コレクション」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度