Nature ハイライト

進化生物学:指と鰭条の発生に関わるHox遺伝子群

Nature 537, 7619

ゼブラフィッシュ。
ゼブラフィッシュ。 | 拡大する

Mirko_Rosenau / iStock / Getty Images Plus / Getty

Hox遺伝子群は、四肢類の肢や指の発生において主要な役割を担っていることから、魚類の鰭から四肢類の肢への移行にこれらの遺伝子が関与しているのかどうか、関与しているならばどのようにかという疑問が生じる。今回N Shubinたちは、ゼブラフィッシュの鰭においてHox遺伝子の細胞系譜解析とノックアウト解析を行い、鰭と肢におけるHox遺伝子の機能を比較した。それによって、HoxAHoxDの遺伝子クラスターを欠損したゼブラフィッシュでは、鰭条が縮小し、軟骨要素が増えることが分かった。この結果は、肢の指と鰭の輻射骨を作り出す発生プログラム間の相同性を明らかにするものであり、四肢類の水中から陸上への移行と進化を解明する上で重要な一歩となる。

2016年9月8日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度