Nature ハイライト

構造生物学:タンパク質透過チャネルの構造

Nature 506, 7486

新たに合成されたタンパク質は、SecY/Sec61タンパク質透過チャネルに運ばれ、膜を通過して輸送される。今回、低温電子顕微鏡を使って、この重要なタンパク質輸送過程の機構に関する手がかりが得られた。E Parkたちは、細菌のリボソーム・チャネル複合体の不活性化状態および活性化状態の構造を示し、M Gogalaたちは哺乳類のリボソーム・チャネル複合体の閉鎖状態および部分的開口状態の構造を明らかにしている。これらの構造から、リボソームの結合はチャネルに大きな構造変化を引き起こさないが、新生タンパク質の疎水性ドメインの膜への挿入がチャネルの部分的な開口を助け、その一方でチャネルがイオンを通さないようにしているらしい。

2014年2月6日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度