Nature ハイライト

生態:植物の敵が生物多様性を高める

Nature 506, 7486

ベリーズに生息する植食性昆虫、ヤママユガ科Eacles属のガの幼虫。
ベリーズに生息する植食性昆虫、ヤママユガ科Eacles属のガの幼虫。 | 拡大する

Credit: O. Lewis

熱帯雨林に見られる種の並外れた豊富さに関しては、何らかの説明が必要である。よく使われるのはJanzen–Connell仮説だが、これは直感に反しているように感じられるものだ。この仮説では、病原性真菌や植食性昆虫などの天敵が、どの宿主種についても個体数が多くなり過ぎるのを防ぐことで、群集の多様性を高めていると考えられている。今回、ベリーズのチキブル森林保護区で、管理された状態の森林区画で真菌および昆虫を除去する実験が行われた。その結果から、病原性真菌が高い植物多様性を促進できること、また、植食性昆虫がそうした植物群集の構成を変化させることが確認された。

2014年2月6日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度