Nature ハイライト

がん:がん免疫療法の新たな標的

Nature 506, 7486

免疫療法はがん研究における重要な領域であり、最近の研究で、T細胞上の抑制性受容体を標的とすることが、進行がん患者の治療に有効である可能性が示されている。この分野の大きな問題は、治療標的候補の発見が難しいことである。K Wucherpfennigたちは、短鎖ヘアピンRNA(shRNA)スクリーニング法を使ってin vivoで治療標的を見いだす方法は実際に役立つことを示し、腫瘍のできているマウスで腫瘍浸潤性CD8+ T細胞の働きを修飾する遺伝子群を明らかにした。そして、ホスファターゼの調節サブユニットPpp2r2dが標的の1つであることを突き止め、T細胞でPpp2r2dをノックダウンすると、T細胞が腫瘍中に蓄積できるようになり、腫瘍の増殖が著しく遅くなることを示している。

2014年2月6日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度