Research press release

テラヘルツ波の増幅器

Nature Photonics

An amplifier for terahertz waves

テラヘルツ波(スペクトル上でマイクロ波域と赤外域の間に存在する放射)を増幅する強力な増幅器が、Nature Photonics(電子版)で報告される。この研究は、医薬品研究、爆発物や麻薬を対象とする手荷物検査、生体イメージングなどへの応用に向けて、テラヘルツ(THz)波の可能性を開くカギとなるかもしれない。

一般的に、テラヘルツ波は非常に弱いため、これまでその利用が限られていた。今回N Jukamらは、特殊なスイッチと半導体レーザーを一体化することによって、テラヘルツ波を増幅する強力な増幅器が作製可能であることを示した。これにより、レーザーが通常動作モードに落ち着く前の短時間で通常の信号強度限界を乗り越えることができる。Jukamらは、信号が400倍に増幅できることを示している。この技術を利用すれば、テラヘルツ装置の性能が大幅に向上するであろう。

A powerful amplifier for boosting Terahertz waves ― radiation that lies between the microwave and infrared regions of the spectrum ― is reported this week online in Nature Photonics. This study could be the key to unlocking the potential of terahertz waves (THz) for applications in pharmaceuticals research, security screening for explosives or drugs, and biological imaging.

Terahertz waves are often very weak, which has so far limited their use. Nathan Jukam and colleagues have shown that a powerful amplifier for boosting THz waves can be made by integrating a special switch with a semiconductor laser. This can override the usual limit of the signal strength in the short time period before the laser settles into normal operation mode. The researchers show that the signal can be amplified by a factor of 400, which could greatly enhance the performance of THz equipment.

doi: 10.1038/nphoton.2009.213

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度