Research press release

熱アシスト磁気記録

Nature Photonics

Heat-assisted magnetic recording

プラズモニクスを利用して現行の磁気記憶技術の限界を克服する次世代データ記憶方式が、Nature Photonics(電子版)に報告される。

ディスク中の磁性粒子は小さくなるにつれて不安定になり、情報記憶能力が失われる。しかし、温度を上げることによって、問題を解決できる。W Challenerらは、原理検証型の熱アシスト磁気記録(HAMR)システムを作製し、約48,000ギガバイト毎平方メートルの密度でデータを記録した。この値は、現在の最先端のハードディスクドライブと同程度であるが、従来の磁気記録技術(現在、理論限界に近い)では達成しえない値まで向上できる可能性がある。

今回のHAMRプロトタイプの鍵は、毎分2,700回転で回転する磁気ディスクのわずか15ナノメートル上を浮動する記録ヘッドに組み込まれたプラズモニック・トランスデューサーである。棒付きキャンデーのような形のトランスデューサーによって半導体レーザーからの光が微小スポットに収束する。これにより、磁気ディスクにおいて非常に局所的な加熱が可能となるため、微小な高密度データトラックが形成可能となる。

A next-generation data storage scheme that uses plasmonics to overcome the limitations of current magnetic storage technology is reported online this week in Nature Photonics.

As magnetic grains in a disk get smaller they also become unstable and lose their ability to store information, but raising their temperature can resolve the problem. William Challener and his colleagues built a proof-of-principle heat-assisted magnetic recording (HAMR) system and recorded data at a density of about 48,000 gigabytes per square metre. Although this value is comparable to today's state-of-the-art hard disk drives, it has the potential to be scaled to values that are out of reach of conventional magnetic recording, which is now close to approaching its theoretical limits.

The key to the HAMR prototype is a plasmonic transducer integrated into a recording head that flies just 15 nanometres above a magnetic disk rotating at 2,700 revolutions per minute. The lollipop-shaped transducer focuses light from a semiconductor laser down to a tiny spot, allowing highly localized heating in the magnetic disk and therefore the creation of small, dense data tracks.

doi: 10.1038/nphoton.2009.26

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度