Research press release

鮮明な電子ペーパー

Nature Photonics

Bright electronic paper

周囲光を利用して表示を行い、紙に印刷されたインクに似た明るさと色が期待できる薄型電子ディスプレイの設計について、Nature Photonics(電子版 )に報告される。応答速度がミリ秒のタイムスケールなので、ビデオ画像の表示も可能になるであろう。

J Heikenfeldらによって作製された試作品のディスプレイは、電気的に制御可能な力を利用して、高反射率アルミニウムでコーティングされたポリマー・ピクセル表面上での水性カラーインクの広がりをコントロールしている。

電圧が印加されないと、インクはピクセル中央の小さな井戸状のくぼみの中にとどまり、周囲光がアルミニウムによって強く反射される。電圧が印加されると、インクがくぼみの中から引き出され、ピクセル表面を覆うため強く鮮明な色が現れる。

報告では、研究はまだ初期段階であり、今回の実証には1色のインクしか使われていない。将来の課題は、フルカラー版を作り、今回の設計と必要な技術を組み合わせてさまざまな色合いを出すことである。

A design for a thin, electronic display that operates using ambient light and promises brightness and colour that mimics printed ink on paper is reported online this week in Nature Photonics. With a response speed on the millisecond timescale, display of video images should be possible.

The prototype displays made by Jason Heikenfeld and colleagues use electrically controllable forces to direct the spread of water-based coloured inks over the surface of polymer pixels that are coated with high-reflectivity aluminium.

With no electrical voltage applied, the ink remains in a small well in the centre of the pixel and the ambient light is strongly reflected by the aluminium. When a voltage is applied, the ink is pulled out of the well to cover the surface of the pixel, providing a strong vivid colour.

The research is still at an early stage and at present demonstrations with only one colour of ink have been reported. The future challenges are to create a full-colour version and integrate the design with necessary technology to allow for many shades of colour too.

doi: 10.1038/nphoton.2009.68

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度