Research press release

室温において電気で単一光子を発生させる

Nature Photonics

Electrically driven single-photon source at room temperature

室温で動作する電気駆動式単一光子発生源が今週のNature Photonicsに報告されている。この研究は、量子暗号などの量子通信方式や量子コンピューティングの実用化に役立つ可能性がある。

現在の単一光子発生方式は、室温での光駆動式か、極低温での電気駆動式のどちらかである。水落憲和らは、ダイヤモンドダイオードの不純物のない領域を利用することによって、両者のよいところ、つまり室温電気駆動を実現している。彼らのデバイスは、市販の発光ダイオードの駆動電流と同等の14ミリアンペアの注入電流で、1秒当たり40,000個の光子を発生できる。

Electrically driven single-photon generation at room temperature is reported in Nature Photonics this week. The work could help realize practical quantum communications schemes such as quantum cryptography and quantum computing.

Today’s single-photon-generating schemes are either optically driven at room temperature or electrically driven at cryogenic temperatures. Norikazu Mizuochi and colleagues achieve the best of both - room-temperature electrically driven operation - by exploiting an impurity-free region in a diamond diode. The device is capable of generating 40,000 photons per second at an injection current of 14 milliamperes, which is comparable to the driving current of commercially available light-emitting diodes.

doi: 10.1038/nphoton.2012.75

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度