Research press release

細胞レーザー

Nature Photonics

A cellular laser

緑色蛍光タンパク質を発現する細胞から作られた「生きているレーザー」が、Nature Photonics(電子版)で発表される。現在はまだ初期段階なので、このレーザーの応用についてはほとんど推測の域を出ないが、新しいタイプの生体イメージング、センシング、サイトメトリーの開発に役立つかもしれない。

すべてのレーザーが機能するためには、光学利得媒質が必要である。通常、これらは、ドープ結晶(希土類添加結晶)、半導体、液体色素や気体などの無生物物質から作られる。Malte GatherとSeok Hyun Yunは、特別設計の高反射微小共振器内に1個の単細胞からなる生体利得媒質を配置してレーザーを作製した。青色の光パルスを照射すると、細胞は明るく方向性のある緑色のレーザービーム光を放出した。

そのような有機利得媒質は、自己再生・自己修復できるばかりでなく、本質的な生体適合性がある。

A living laser developed from a cell that expresses green fluorescent protein is published online this week in Nature Photonics. The laser could potentially be useful in the development of new forms of biological imaging, sensing and cytometry, although applications are mostly speculative at this early stage.

All lasers require an optical gain medium to function. Conventionally, these are made from inanimate substances such as doped crystals, semiconductors, liquid dyes or gases. Malte Gather and Seok Hyun Yun created their biological gain medium by placing a single cell into a specially designed highly reflective microcavity. When fed with pulses of blue light, the cell emits a bright, directional beam of green laser light.

Such an organic gain medium not only has the potential to reproduce and heal itself, but is also inherently biocompatible.

doi: 10.1038/nphoton.2011.99

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度