Research press release

単一レーザーで高速データ伝送

Nature Photonics

Squeezing data onto a laser

最高26テラビット毎秒の転送レートで光データを伝送できる単一レーザーシステムが開発された。この転送レートは、単一レーザーについて報告されたなかで最高の値である。Nature Photonics(電子版)に発表されるこの研究は、増え続ける高帯域幅通信の需要を満たすのに役立つばかりでなく、環境に優しい長距離情報伝送方法を提供するものとなるであろう。テラビット毎秒の光転送レートを達成するためには、通常、複数のレーザーや複雑な変調フォーマットを使用する必要がある。Juerg Leutholdらは、単一レーザーを使用してレーザー波長1,533nm〜1,565.5nmの狭いスペクトル帯に325の光周波数を発生させ、50kmの標準的な単一モードファイバーを用いて最高26テラビット毎秒のデータレートで符号化データを伝送した。この手法の成功は、主として、光高速フーリエ変換符号化・復号方式(エネルギー効率の高いリアルタイムの方法で高ビットレートデータを処理できる)の利用によるものである。今回の高速データ伝送の実現は、高速光信号処理が、将来の高エネルギー効率通信のニーズに応える解決策になりうることを示唆している。

Scientists have developed a single-laser system that can carry optical data at transmission rates of up to 26 terabits per second — the highest ever reported for a single laser. The work, published online this week in Nature Photonics, will not only help to fulfil the ever-increasing demands of high-bandwidth communication but also provide an environmentally friendly way of transmitting information over long distances.Achieving terabit-per-second optical transmission rates usually requires the use of multiple lasers and/or complex modulation formats. Juerg Leuthold and co-workers used a single laser to generate 325 optical frequencies within a narrow spectral band of laser wavelengths from 1,533-1,565.5 nm and transmitted the encoded data over 50 km of standard single-mode fibre at data rates of up to 26 terabits per second. The success of the technique is largely due the use of an optical fast Fourier transformation encoding and decoding scheme, which is capable of processing high-bit-rate data in an energy-efficient, real-time manner.The achievement suggests that high-speed optical signal processing could be the answer for meeting the needs of future energy-efficient communication.

doi: 10.1038/nphoton.2011.74

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度