Research press release

極めて安定な光格子時計

Nature Photonics

Extremely stable optical lattice clocks

17桁目を平均化時間15分で決定できる極めて安定で正確な光格子時計がNature Photonicsで報告されている。この研究によって、10 cm程度の高度の違いを数十分で検出できる全地球測位システムが可能になるだろう。

現行の光格子時計はディック効果によって制限されている。このディック効果は時計の周波数を読み出すのに使われるレーザー計測法に伴う不必要なノイズの原因である。

香取秀俊(東京大学)たちの光格子時計はこの限界を回避し、量子射影ノイズ限界に近い安定性を達成できる。したがって、この研究は実用的な光格子時計の実現への大きな一歩となる。

Nature Photonics 4月号では、この話題に関連する記事を特集している。この特集はhttp://www.nature.com/nphoton/journal/v5/n4/index.html からアクセスできる。

An extremely stable and accurate optical lattice clock whose 17th digit can be determined in an averaging time of 15 minutes is reported online this week in Nature Photonics. The work will enable global positioning systems to detect height differences of around 10 cm in tens of minutes.

Current optical lattice clocks are limited by the Dick effect ― a source of unwanted noise associated with the laser probing scheme used to read out the frequency of the clock.

The optical lattice clock of Hidetoshi Katori and co-workers avoids this boundary, allowing it to achieve stabilities approaching the quantum projection noise limit. This work therefore represents a major step towards the practical realization of optical lattice clocks.

Nature Photonics’ April issue features additional content relating to this subject. You can access this content from March 31st onwards at http://www.nature.com/nphoton/journal/v5/n4/index.html.

doi: 10.1038/nphoton.2011.34

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度