Research press release

脳が不正直に適応して不正直の程度が次第に増していく

Nature Neuroscience

Brain adaptations to dishonesty beget more dishonesty

自分の利益になる不正直な行動を繰り返すと不正直に対する脳の感受性が低下することを報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。今回、管理された実験条件下で不正直の増大を誘導して、測定する研究が行われ、正直からの少しの逸脱が繰り返されるうちに逸脱が雪だるま式に大きくなり、かなりの程度の不正直になってしまう“slippery slope(転落への坂道)”が生物学的に説明されている。

今回、Neil Garrett、Tali Sharotの研究チームが行った実験には80人の成人(18~65歳)が参加し、第1被験者に1ペンス銅貨入りのガラス瓶の画像を見せ、銅貨の数を見積もらせ、その数を第2被験者に伝えさせた。Garrettたちは、 (1)第2被験者が不利益を受けて第1被験者が利益を得る、(2) 第1被験者も第2被験者も利益を得る、(3) 第1被験者が不利益を受けて第2被験者が利益を得る、(4) 第1被験者だけが利益を得て、第2被験者は影響を受けない、(5) 第2被験者だけが利益を得て、第1被験者は影響を受けないというようにガラス瓶の中身に関して不正直になることが誰の利益になるのかという観点から条件を変えながら実験を行った。

検査を数回続けると、第1被験者が利益を得る条件(第2被験者が不利益を受ける場合と第2被験者も利益を得る場合)では、第1被験者が不利益を受けて第2被験者が利益を得る場合と比べて第1被験者の不正直が増大していた。さらに不正直の測定レベルと不正直の測定レベルの増大幅は、第1被験者だけが利益を受ける場合の方が第2被験者だけが利益を受ける場合より大きくなっており、以上の結果が私利私欲によるものということが示唆されている。

今回の研究では、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いて、一部の被験者が1つの条件による実験に参加した時に脳活動の測定が行われた。これらの被験者の場合、自分の利益になる不正直に対する脳の右半球と左半球の両方の扁桃体(感情を誘発する事象に対して感受性を持つ脳領域)の応答が時間の経過に伴って次第に低下していったが、自分が不利益を受ける不正直ではそのようなことがなかった。特定の検査において自分の利益になる不正直に対する被験者の扁桃体の応答が低下することは、その被験者について、その後の検査で自分の利益になる不正直が増大する量を予測する際に利用できる可能性がある。以上の知見は、詐術のいろいろな側面と関連している他の脳領域が原因になっているとは考えられず、自分の利益になる不正直において扁桃体が特権的な役割を果たしていることが示唆されている。

Repeated acts of self-serving dishonest behaviour diminish the brain’s sensitivity to dishonesty, reports a paper published online this week in Nature Neuroscience. By eliciting and measuring dishonesty escalation in a controlled laboratory setting, the study provides a biological explanation for a ‘slippery slope’ by which minor deviations from the truth over time can snowball into substantial acts of dishonesty.

Neil Garrett, Tali Sharot and colleagues asked 58 adults (ages 18 to 65) to advise a second person about the amount of money contained in a glass jar of pennies. The authors varied whether dishonesty about the jar’s contents would benefit the participant at the expense of their partner, benefit both parties, benefit the partner at the participant’s expense, benefit only the participant without affecting the partner, or benefit the partner without affecting the participant.

Dishonesty escalated over several trials to a greater degree for the two conditions that benefited the participant (either at the expense of or also benefitting the partner), compared to the condition that benefited the partner at the expense of the participant. Furthermore, the measured level of dishonesty and the degree to which dishonesty escalated were greater when dishonesty benefitted the participant alone, compared to when it benefitted the partner alone, suggesting that these findings were due to self-interest.

A subset of participants completed a version of the experiment while their brain activity was measured by functional magnetic resonance imaging (fMRI). Among these participants, the authors found that the amygdala - a brain region sensitive to emotion-eliciting events - in both brain hemispheres showed a progressively reduced response to self-serving, but not self-harming, dishonesty over time. The reduction in the amygdala’s response to self-serving dishonesty during a given trial could be used to predict the amount that a participant’s self-serving dishonesty escalated in the subsequent trial. None of these findings could be attributed to other brain regions that are also associated with different aspects of deception, which hints at the amygdala’s privileged role in self-serving dishonesty.

doi: 10.1038/nn.4426 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度