Research press release

免疫学:SARS-CoV-2感染やワクチン接種の後に見られた神経系合併症の評価

Nature Medicine

Immunology: Neurological complications after SARS-CoV-2 infection and vaccination assessed

イングランド全体で行われた成人3200万人に対する調査から、オックスフォード・アストラゼネカ社製重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)ワクチン(ChAdOx1nCoV-19)の初回接種後に、ギラン・バレー症候群とベル麻痺という稀な神経疾患が生じるリスクが、低いとはいえ上昇することが明らかになった。また、ファイザー・バイオンテック社製ワクチン(BNT162b2)の初回接種後には、出血性脳卒中のリスクが、やはり低いものの上昇していた。しかし、Nature Medicineに掲載される今回の研究では、ギラン・バレー症候群を含め、調べられた7種類の神経系症状については、SARS-CoV-2の検査で陽性となった後の方がリスクがかなり高いことが分かった。著者たちが強調するように、オックスフォード・アストラゼネカ社、あるいはファイザー・バイオンテック社製ワクチンに関連して観察された神経系の合併症は非常に少数であり、SARS-CoV-2感染の結果として起きる神経系疾患のリスクの方がずっと高い。

オックスフォード・アストラゼネカ社製ワクチンやファイザー・バイオンテック社製ワクチンを含む複数のワクチンは多くの国で使用が承認され、SARS-CoV-2の感染、伝播や入院、死亡を減少させることが明らかになっている。しかし、SARS-CoV-2感染やワクチンに関連して神経系の合併症がまれに起きることが報告されている。

神経系疾患の発生とワクチン接種やSARS-CoV-2感染との関連を調べるために、J Hippisley-Coxたちは、自己対照ケースシリーズ研究を行って、オックスフォード・アストラゼネカ社製ワクチンあるいはファイザー・バイオンテック社製ワクチンの初回接種を受けた後の28日間、あるいはSARS-CoV-2検査で陽性と判定された後の28日間に神経系の合併症で入院したかどうかを調べた。オックスフォード・アストラゼネカ社製ワクチンでは、接種後の28日間はギラン・バレー症候群を発症するリスクの上昇が見られることが分かった(ワクチン接種者1000万人当たり38症例の増加と推定される)。また、ベル麻痺のリスクも、接種後15~21日の間は高いことが分かったが、このリスクは28日という調査期間全体でみると有意ではなかった。また、ファイザー・バイオンテック社製ワクチンでは、接種後28日以内は出血性脳卒中のリスクが上昇した(1000万人当たり推定で60症例増加)。SARS-CoV-2感染の陽性判定後の同じく28日間では、調べた7種類の神経系症状のリスクが、すべてかなり高くなっていた(7種類のうち脳炎・髄膜炎、脊髄炎は1000万人当たり123例、筋無力症は163例、ギラン・バレー症候群は145例の増加)。著者たちは、スコットランドの300万人以上からなる全く別の国内コホートでも同様の結果を得ており、オックスフォード・アストラゼネカ社製ワクチンとギラン・バレー症候群の関連が裏付けられた。

これらの結果は、ワクチンプログラムのリスク・ベネフィット評価だけでなく、こういった神経系の稀少な合併症についての臨床決定やリソース配分にも有用な情報を提供するだろうと、著者たちは予想している。これらの知見は、英国以外の国にも当てはまる可能性が高いが、同じような大規模データセットでこれらの知見を国際的に再現できれば役に立つだろう。

A nationwide analysis of 32 million adults in England revealed an increased, but low, risk of the rare neurological conditions Guillain–Barré syndrome and Bell’s palsy following a first dose of the Oxford–AstraZeneca (ChAdOx1nCoV-19) vaccine. There was also an increased, but low, risk of hemorrhagic stroke following a first dose of the Pfizer–BioNTech (BNT162b2) vaccine. However, the research, published in Nature Medicine, also found that there was a substantially higher risk of seven neurological outcomes studied, including Guillain–Barré syndrome, after a positive SARS-CoV-2 test. The authors emphasize that the observed neurological complications associated with the Oxford–AstraZeneca and Pfizer–BioNTech vaccines are rare, and the risk of neurological disorders as a result of SARS-CoV-2 infection is much greater.

Several vaccines, including the Oxford–AstraZeneca and Pfizer–BioNTech vaccines, are approved for use in multiple countries and have been shown to reduce SARS-CoV-2 infections, transmissions, hospitalizations and deaths. However, there have been reports of rare neurological complications associated with SARS-CoV-2 infection and vaccines.

To investigate the possibility of an association between vaccinations and SARS-CoV-2 infection and the development of neurological disorders, Julia Hippisley-Cox and colleagues conducted a self-controlled case study series that examined hospital admissions for neurological complications in the 28 days following a first dose of the Oxford–AstraZeneca or Pfizer–BioNTech vaccine, or a positive test for SARS-CoV-2. The authors found that there was an increased risk of Guillain–Barré syndrome in the 28 days following vaccination with the Oxford–AstraZeneca vaccine — an estimated 38 excess cases per 10 million people vaccinated. An increased risk of Bell’s palsy was also noted 15–21 days following vaccination; however, this risk was not significant over the whole 28-day study period. There was also an increased risk of hemorrhagic stroke within 28 days following vaccination with the Pfizer-BioNTech vaccine — namely, an estimated 60 extra cases per 10 million people. Within this same time period following a positive SARS-CoV-2 test, there was a substantially higher risk of all seven neurological outcomes studied, including encephalitis meningitis and myelitis, myasthenic disorders, and Guillain–Barré syndrome — amounting to 123, 163, and 145 excess cases per 10 million people, respectively. The authors replicated their findings in an independent national cohort of more than three million people from Scotland, which provided support for the association between the Oxford–AstraZeneca vaccine and Guillain–Barré syndrome.

The authors anticipate that these results will inform risk–benefit evaluations for vaccine programs as well as clinical decision making and resource allocation for these rare neurological complications. They conclude that these findings are likely to be of relevance to other countries; however, it would be useful to replicate the findings in similarly large datasets, internationally.

doi: 10.1038/s41591-021-01556-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度