Research press release

免疫学:回復期患者の血漿を用いる治療はCOVID-19の重症度を軽減するかもしれない

Nature Medicine

Immunology: Convalescent plasma therapy may decrease COVID-19 severity

COVID-19の患者に、回復期にあるCOVID-19患者の血漿を投与すると、投与から14日目の時点で、酸素を必要とする可能性は投与しなかった患者に比べて低くなり、生存の確率が高くなったことが報告された。Nature Medicine に掲載されたこの結果は、ニューヨーク市で症状の重い入院患者39人を対象に行われたスコアマッチング法による後ろ向き症例対照研究で得られたもので、さらなる研究の必要はあるものの、回復期血漿がCOVID-19に有効である可能性を明らかにしている。

回復期血漿を用いる治療は、COVID-19に対する新しい抗ウイルス薬やワクチンの開発を待つ間の暫定的な治療法になると見なされている。COVID-19から回復した患者から提供される回復期血漿(血液の細胞以外の成分)には抗体が含まれ、その中にはSARS-CoV-2を特異的に認識する抗体も存在する。このような抗体をSARS-CoV-2に感染した患者に注入すると、患者自身の免疫応答を補足してウイルス感染を抑えることによって、抗ウイルス効果が誘導されると考えられる。しかし、COVID-19からの防御とSARS-CoV-2に対する抗体の血中レベルとの直接の結び付きはいまだに明らかになっていなかった。

N Bouvierたちは、2020年3月24日から4月8日にかけてニューヨーク市のマウントサイナイ病院に入院していた39人の患者を選んで、COVID-19患者の回復期血漿を投与した。患者の3分の2は男性、3分の1は女性で、平均年齢は55歳だった。患者では肥満傾向が見られたが、それ以外の既存疾患はほとんどなかった。血漿投与の当日には、患者の87%が非侵襲的な装置による酸素吸入を必要としており、10%は人工呼吸器を使用していた。対照群は、投与群と同時期に入院していたCOVID-19患者で、感染経過、症状、既存疾患については投与群と同等だった。血漿投与の14日後には、さらなる酸素吸入が必要だった患者は投与群では18%だったが、対照群では28%だった。5月1日の研究終了時点までに、血漿を投与した患者の13%、対照群の24%が死亡し、生存退院した患者は投与群の72%、対照群の67%だった。

著者たちは、この研究によって回復期血漿の投与がCOVID-19の有効な治療になる可能性を示す証拠が得られたが、この治療法の有効性を明確に決定するには、もっと症例数を増やした無作為化試験が必要だと述べている。

Patients with COVID-19 who were treated with convalescent plasma were less likely to require oxygen on day 14 and were more likely to survive than those who did not receive plasma, according to a retrospective, case-control, score–matched study of 39 patients hospitalized with severe symptoms in New York City. The study, published in Nature Medicine, suggests that convalescent plasma may potentially be effective against COVID-19, although further studies are needed.

Therapy with convalescent plasma is considered to be a stopgap treatment for COVID-19 while new antiviral medications and vaccines are being developed. Convalescent plasma, donated by people who have recovered from COVID-19, is the component of blood that contains antibodies, including those that specifically recognize SARS-CoV-2. These antibodies, transfused into patients infected with SARS-CoV-2, are thought to induce an antiviral effect by suppressing viral infection, supplementing a patient’s own immune responses. However, protection from COVID-19 has yet to be directly linked to levels of circulating antibodies to SARS-CoV-2.

Nicole Bouvier and colleagues selected 39 patients admitted to Mount Sinai Hospital in New York City between 24 March and 8 April 2020 to receive transfusion of COVID-19 convalescent plasma. Two thirds of the patients were male and one third were female, with an average age of 55. The patients tended to be obese, but generally had few other pre-existing conditions. On the day of transfusion, 87% of the patients required supplemental oxygen through a non-invasive device, and 10% were on ventilators. The control group consisted of patients with COVID-19 admitted during the same time period with an infection history, symptoms and pre-existing conditions similar to those of the treatment group. By day 14 after transfusion, 18% of the treatment group required more oxygen, whereas 28% of the control group required more oxygen on the same day. By the end of study on 1 May, 13% of the patients in the treatment group and 24% of the control group had died, and 72% and 67% had been discharged alive, respectively.

The authors concluded that this study provides evidence that transfusion of convalescent plasma may be an effective treatment for COVID-19, but larger sample sizes and randomized trials are needed to definitively determine the efficacy of this therapy.

doi: 10.1038/s41591-020-1088-9

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度