Research press release

完全な地震サイクルの間の島の隆起と沈降

Nature Geoscience

Island ups and downs during a complete earthquake cycle

1835年と2010年に発生した2回の大地震後およびその間の175年間に、チリ中央部の海岸沖にある島が示した上下方向の動きについての報告が、今週のオンライン版に掲載される。用いられたデータには、1835年にチャールズ・ダーウィンのビーグル号航海でRobert FitzRoy艦長が得た記録が含まれており、地震が引き起こした隆起の10~20%は永久変位となったことが示唆されている。

2つのテクトニック・プレートが固着している間、ひずみは数10年から数世紀の間蓄積される。この蓄積されたひずみは地震の時にプレートが互いに滑ることで急激に解放される。地球の表面は、このような周期的現象の間、隆起と沈降を繰り返すと考えられている。

Robert Wessonたちは、1804年、1835年、および1886年に行われた船上探査を最新の探査とGPSデータと共に解析し、二つの地震の間の完全なサイクルの間にイスラ・サンタ・マリア島が上下方向に動いた量を定量的に求めた。その結果、この島は1835年の地震の後に2.4mから3m隆起し、2010年の地震の後には1.8m隆起したが、その間の期間には1.4mしか沈降しなかったことが見いだされた。彼らはまた、2つの地震の間の沈降は予想に反して一様な速度では起きなかったと述べている。

関連するNews&Viewsの記事でAron Meltznerは、著者たちの方法が「断層で起きるべく待っているすべり量を定量化し、発生が差し迫っていると考えられている大地震に対して有効な道具となり得る」と述べている。

The vertical movement of an island off the coast of central Chile after two great earthquakes in 1835 and 2010, and during the 175 years in between, is reported in a study published online in Nature Geoscience. The data used include records taken in 1835 by Robert FitzRoy, the captain of the HMS Beagle during Charles Darwin's journey, and suggest that 10 to 20% of earthquake-induced uplift could be permanent.

While two tectonic plates are locked together, strain accumulates over a period of decades or centuries. This accumulated strain is suddenly released when the plates slip past each other in an earthquake. Earth’s surface is thought to rise and fall cyclically in the course of this cycle.

Robert Wesson and colleagues analysed nautical surveys from 1804, 1835 and 1886 together with modern surveys and GPS data to quantify the vertical movement of Isla Santa Maria during the complete cycle between the two earthquakes. The authors found that the island was uplifted by 2.4 m to 3 m following the 1835 earthquake and by 1.8 m following the 2010 earthquake, but it subsided by only 1.4 m in the intervening period. They also note that subsidence between the two quakes unexpectedly did not occur at a uniform rate.

In an accompanying News & Views, Aron Meltzner writes that the approach of the authors could be used to "quantify the amount of slip waiting to occur on a fault […], a potentially useful tool for anticipating impending large earthquakes.”

doi: 10.1038/ngeo2468

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度