Research press release

窒素が減少させる土壌からの炭素放出

Nature Geoscience

Nitrogen cuts soil carbon release

窒素堆積物は温帯森林土壌から放出される二酸化炭素の量を減少させるとの報告が寄せられている。

前世紀における化石燃料と肥料の利用は、大気中の窒素の量を増加させ土壌中の窒素レベルも増加させた。

I Janssensらは、窒素付加実験の解析と野外の研究を実施し、温帯森林土壌における土壌炭素の交代に対する窒素堆積物の影響を決定した。彼らは、窒素堆積物は土壌中の有機物の分解を遅くし、土壌への炭素の蓄積を増大させることを見つけた。その結果として、土壌からの二酸化炭素の放出はかなり減少する。

Janssensらは、将来に熱帯で予想されている窒素堆積物の増加は、熱帯森林土壌における炭素循環に対して予測できない結果をもたらす可能性があると警告している。

Nitrogen deposition reduces the amount of carbon dioxide emitted from temperate forest soils, according to a review published online this week in Nature Geoscience.

Fossil fuel and fertilizer use has increased the amount of nitrogen in the atmosphere over the past century, leading to increased levels of nitrogen in soils.

Ivan Janssens and colleagues carried out an analysis of nitrogen addition experiments and field studies to determine the impact of nitrogen deposition on soil carbon turnover in temperate forest soils. They find that nitrogen deposition slows the breakdown of soil organic matter, and increases soil carbon storage. As a result, carbon dioxide emissions from soil are substantially reduced.

The researchers warn that the future increase in nitrogen deposition expected in the tropics could have unforeseen consequences for carbon cycling in tropical forest soils.

doi: 10.1038/ngeo844

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度