Research press release

初期太陽系中の氷と関連付けられた地球の窒素

Nature Geoscience

Earth’s nitrogen linked to ices in the early Solar System

地球大気中と始原的隕石(形成時からほとんど変成を受けていない隕石)中の窒素は、初期太陽系の始原的氷貯蔵庫から取り込まれた可能性があるという報告が、今週のオンライン版に掲載される。太陽系の初期に形成されたアミノ酸などの窒素を含む有機化合物は地球上の生命の出現に寄与しているかもしれない。

Dennis Harriesたちは始原的隕石を分析し、カールスバージャイトと呼ばれる窒素を含んだ鉱物を見つけた。カールスバージャイトが存在することは、出現した太陽系内部で高温の反応性アンモニアと金属が反応したことと一致する。Harriesたちは、アンモニアは、太陽系内部へと輸送された氷に含まれ、その後通過する衝撃波により加熱されたのだろうという。

また、カールスバージャイト中の窒素は、地球大気中に見られるものと地球化学的には似た性質を示しており、始原的氷は初期地球にも窒素(および潜在的に窒素を含む有機化合物)を供給したことを示唆されている。しかしながら、始原的氷の起源はよく分からないままである。

Nitrogen in the Earth’s atmosphere and in primitive meteorites (meteorites which have altered very little since their formation) may have been incorporated from a primordial icy reservoir in the early Solar System, according to a study published online in Nature Geoscience. Nitrogen-containing organic compounds that formed in the early Solar System, such as amino acids, may have contributed to the emergence of life on Earth.

Dennis Harries and colleagues analysed primitive meteorites and identified a nitrogen-bearing mineral called carlsbergite. The occurrence of carlsbergite is consistent with the reaction of metal in the emerging inner Solar System with hot and reactive ammonia. They propose that the ammonia was hosted in ices that were delivered to the inner Solar System and then heated by passing shock waves.

They also find that the nitrogen in the carlsbergite is geochemically similar to that found in the Earth’s atmosphere, suggesting that primordial ices may have also supplied nitrogen - and potentially nitrogen-bearing organic compounds - to the early Earth. The origin of the primordial ices, however, remains unknown.

doi: 10.1038/ngeo2339

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度