Research press release

空気が大地を動かすわけ

Nature Geoscience

How air can move the earth

大気中の潮汐は(海洋潮汐とほぼ同じように働いて)、進行中の地滑りの間欠的な動きの引き金になりうる。Nature Geoscience(電子版)に発表される研究によると、米国コロラド州のスラムガリオン峠近くで起きた間欠的な地滑りは、1日のうちで大気潮汐が低くなったときに起きる傾向があることがわかった。

W Schulzらは、9か月にわたり地滑りの滑り速度を観測した時間値と、同じ程度の頻度で行われた地域的な大気圧の観測とを比較した。その結果、両者の時系列に顕著な相関があることがわかった。この効果は、大気圧が低いときに、大気と土壌中の水分子が上方向へ動いて、通常は地滑りをその場所で保持させる摩擦を減少させることで生じる可能性がある。

Schulzらは、大気圧が、地震や火山噴火、およぼ氷河の動きなど、面が滑ることを含むほかの地質現象の引き金となりうると示唆している。

Tides in the atmosphere ― working much like ocean tides ― can trigger an episode of movement in an ongoing landslide. The study, published online this week in Nature Geoscience, found that episodic sliding of land near Slumgullion pass in Colorado, USA, tends to occur during the daily atmospheric low tide.

William Schulz and colleagues compared hourly measurements of the slip speed of the landslide over nine months with equally frequent observations of local atmospheric pressure. The scientists found a significant correlation between both time series. The effect could be caused by an upward movement of air and water molecules in the soil during periods of low atmospheric pressure, which reduces the friction that usually holds the landslide in place.

The researchers suggest that atmospheric pressure could trigger other geological phenomena that involve sliding surfaces, such as earthquakes, volcanic eruptions and glacier movement.

doi: 10.1038/ngeo659

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度