Research press release

せき止められる川の蛇行

Nature Geoscience

Meandering rivers be dammed

低地の河川により運ばれる大量の堆積物がアマゾン盆地の氾濫原を再形成しているという報告が、今週のオンライン版に掲載される。これらの発見は、計画中の巨大ダムにより堆積物供給が絶たれることでアマゾン河川系に大きな変化が起こる可能性を示唆するものである。

Jose Constantineたちは、1985年から2013年のランドサット人工衛星画像を解析して、アマゾン川の屈曲が水平方向に移動する様子を追跡した。川が進化するにつれて、その蛇行は外側に移動し川はより曲がりくねった形状になる。研究者たちは、川の蛇行が移動する速さは川に供給される砂とシルトに依存していることを発見した。より多くの堆積物を運ぶ川の蛇行は、少ない堆積物を運ぶ場合よりも速く移動し、川が途切れてU字形の湖として残る頻度がより高くなる。

堆積物の供給が、例えばダムなどにより減少すると、蛇行の移動は遅くなると予想され、従って氾濫原環境の再形成にも影響を与えることになる。

Greater amounts of sediment carried by lowland rivers drive the reshaping of floodplains in the Amazon Basin, according to a study published online in Nature Geoscience. These findings are relevant as the Amazonian river system may be significantly altered by proposed mega-dams that would disrupt sediment supplies.

Jose Constantine and colleagues analysed Landsat satellite imagery from 1985 to 2013 to track the lateral migration of river bends in the Amazon. As rivers evolve, their meanders migrate outwards and the rivers become more sinuous. The researchers found that the speed at which the meanders migrated for each of the rivers studied depended on the river’s supply of sand and silt. The meanders of rivers carrying more sediment migrated faster than those carrying less sediment, and were also more frequently cut off and abandoned to form U-shaped lakes.

If sediment loads are reduced - by a dam, for example - meander migration is expected to slow, and thus the reshaping of the floodplain environment is affected.

doi: 10.1038/ngeo2282

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度