Research press release

太陽がかすむと川が溢れる

Nature Geoscience

Solar dimming made rivers swell

1980年代にエアロゾル濃度が上昇したことは、入射する太陽放射をかすませることで、北半球の河川からの流出を著しく増加させる結果となったとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。このエアロゾルと河川流出量との関連性が将来にわたって存続するならば、法律が制定されたことで空気の質が改善するため流出量は減少する可能性がある。

20世紀の地表気象の見積もりを詳細な土地被覆モデルと共に用いることで、Nicola Gedneyたちは気候変動に対する河川流出量の応答をシミュレーションした。Gedneyたちは、北半球全体と個別の河床の両方について、河川の流れがエアロゾルに対して統計的に有意な応答をすることを発見した。ヨーロッパで最も汚染が進んでいる河川の1つであるオーデル川流域では、年間の流出量は長期的な平均と比べて最大25%も上昇している。

Rising aerosol levels around 1980, by the dimming of incoming solar radiation, led to a substantial increase in river runoff from some northern hemisphere rivers, suggests a study published online in Nature Geoscience. If this link between aerosols and river flow holds in the future, runoff may decline as air quality improves in response to legislation.

Using a detailed land-surface model together with an estimate of surface meteorology for the twentieth century, Nicola Gedney and colleagues simulated the response of river runoff to climate fluctuations. They detected a statistically significant response of river flow to aerosols both over the northern hemisphere as a whole and in individual river basins. In the Oder basin, one of Europe’s most heavily polluted, the increase in annual runoff amounted to up to 25% compared with the long-term mean.

doi: 10.1038/ngeo2263

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度