Research press release

米国東海岸に沿った広範なメタンの浸出

Nature Geoscience

Extensive methane leakage along the eastern US coast

500カ所以上のメタン浸透地域(海底でガスを滲出する天然の噴出口)が米国の大西洋沿岸地域に沿って見つかったとの報告が今週掲載される。温室効果ガスとして働く可能性があるこのメタンが大気に到達すると、気候変動に寄与する可能性がある。

Adam SkarkeとCarolyn Ruppelたちは、ソナー機器を用いてノースカロライナ州ハッテラス岬とマサチューセッツ州ジョージバンクの間の米国大西洋岸に数百カ所のメタン浸透地域を発見した。この結果は、海洋堆積層の中には大量のメタンが、氷に似た結晶構造を持つメタンクラスレート・ハイドレートとして埋蔵されていることを示している。浸透地域の大多数は比較的水深の浅い、クラスレート・ハイドレートが安定である上限の深さの地域にある。従って、海洋の水温が少し変化するとクラスレート・ハイドレートが不安定となり、大量のメタンを海洋と大気へと放出することになる。

メタンクラスレート・ハイドレートと気候変動との間の関連性は、今のところよく分かっていない。しかしながら、関連するNews & Viewsで、John Kesslerはこの発見が「海洋メタンと気候との間の関連性に対する理想的な試験環境を提供する」と示唆している。

More than 500 methane seeps - natural vents on the seafloor that exude gas - have been discovered along the Atlantic Ocean margin of the United States, reports a study published online this week in Nature Geoscience. If this methane, which is a potent greenhouse gas, reaches the atmosphere it could potentially contribute to climate change.

Adam Skarke, Carolyn Ruppel and colleagues used sonar instruments to identify hundreds of methane seeps along the Atlantic margin of the United States, between Cape Hatteras, in North Carolina, and Georges Bank, in Massachusetts. The results indicate that large volumes of methane are stored in ocean sediments as methane clathrate hydrate - a crystalline structure similar to ice. The majority of the seeps occur at relatively shallow water depths, at the upper depth limit for clathrate hydrate stability. Small changes in ocean water temperature could therefore potentially destabilize the clathrate hydrate and release large volumes of methane into the ocean and atmosphere.

The link between methane clathrate hydrate and climate change is currently poorly understood. However, in an accompanying News and Views article, John Kessler suggests that this discovery “provides an ideal test bed for such a marine methane-climate connection”.

doi: 10.1038/ngeo2232

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度