Research press release

北極の氷と中緯度の冬季極端気象

Nature Geoscience

Arctic ice and mid-latitude winter weather extremes

北極地域で温暖化が進んでいることと北半球中緯度で極端な冬季の気候が発生していることが関連する可能性のあるメカニズムが同定されたとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。しかしながら、北極の氷と雪の減少が中緯度の冬季の気候にどの程度大きな影響を及ぼすかは、ほとんど分からないままである。

Judah Cohenたちは、北極地域の温暖化の増幅と極端な冬季の事象、および同定された影響の道筋との関連性に関する文献を概観した。特に、彼らは北極と中緯度との間の温度勾配が弱くなると、ジェット気流や嵐の経路などの北半球大気の重要な特徴に変化をもたらすことを示唆している。弱い勾配はまた、エネルギーが大規模の大気波によって輸送される方法も変える可能性がある。これらの変化は、2013年および2014年冬季の米国を襲った継続する寒冷な気象条件のような、中緯度の極端な気象の発生に影響を及ぼす可能性がある。しかしながら、著者たちはこのような影響を定量化するためにはモデルと観測を改善する必要があると警告している。

Mechanisms that can potentially link fast warming in the Arctic region and extreme winter weather in the northern mid-latitudes are identified in a review article published online in Nature Geoscience. However, how large the influence of Arctic ice and snow decline is on mid-latitude winter weather remains highly uncertain.

Judah Cohen and colleagues reviewed the literature on potential links between the amplified warming in the Arctic region and extreme weather events, and identified potential pathways of influence. Specifically, they suggest that a weaker temperature gradient between the Arctic and mid-latitudes could lead to changes in key features of the northern hemisphere atmosphere, such as the jet stream and the storm track. A weaker gradient could also alter the ways in which energy is transported by large-scale atmospheric waves. These changes, in turn, have the potential to influence the occurrence of mid-latitude weather extremes like the persistent cold conditions that hit the United States during winter 2013/14. However, the authors caution that better models and observations are required to quantify the strength of this influence.

doi: 10.1038/ngeo2234

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度