Research press release

宇宙からの洪水事前警報

Nature Geoscience

Advance flood warning seen from space

河床が洪水を起こす素質は、人工衛星測定を用いて数か月も前から評価することができるとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。リモートセンシング観測を用いることで、結果として洪水警報に対する先行時間をより長くすることが可能となるかもしれない。

John Reagerたちは、2011年のミズーリ川の破滅的洪水が起こる前に、NASAのGRACE(重力回復と気候実験)人工衛星で測定された盆地全体の貯水量と河川水位計測定を比較した。雪、表層水、土壌水分および地下水などのあらゆる供給源からの河床全体の水分に関する人工衛星による情報を含めることで、彼らは、災害の5~11か月前に洪水の可能性を診断することができた。

これとは対照的に、雪水と土壌水分の野外測定は、最大2か月前に洪水の可能性を評価できる指標となっている。

The predisposition of a river basin to flooding can be assessed months in advance using satellite measurements, according to a study published online in Nature Geoscience. The use of remote observations may ultimately result in longer lead times in flood warnings.

John Reager and colleagues compared river gauge measurements to basin-wide water storage, measured by NASA’s Gravity Recovery and Climate Experiment satellites, leading up to the catastrophic 2011 Missouri River floods. By including satellite information about the total wetness of the river basin from all sources-such as snow, surface water, soil moisture and groundwater-they were able to diagnose the potential for flooding as much as five to eleven months in advance of the 2011 disaster.

In contrast, field measurements of snow water and soil moisture are only useful indicators of flood potential up to two months in advance of a flood event.

doi: 10.1038/ngeo2203

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度