Research press release

ミシシッピ川三角州を再建するために利用可能な砂

Nature Geoscience

Sand available to rebuild Mississippi River delta

ミシシッピ川下流の流路は、大量の砂の貯蔵庫を含んでおり河口における土地の損失を軽減することに役立っているとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。これまでは、上流のダムが、ミシシッピ川の三角州に新しい土地を作り、三角州が沈没しないために必要な堆積物の供給を止めていると考えられてきた。

Jeffrey NittrouerとEnrica Viparelliは、ミシシッピ川下流の堆積物量を解析し、堆積物の全量(砂と泥の両方)は減少しているが、砂の量はダムの建設以降著しく減少しているわけではないことを見つけた。さらに、数値モデルはミシシッピ川下流の流路の砂の量は次の600年間に20%以下減少することを示唆している。

三角州の土地を作るためには泥よりも砂が重要であると仮定すると、この研究は、今後の数世紀もの間にミシシッピ川の三角州が沈没してしまうのを防ぐために、砂は手軽で有用となることを提案している。

The lower Mississippi River channel contains a significant reservoir of sand that could help to mitigate land loss at the river mouth, according to a study published online in Nature Geoscience. Upstream dams had previously been thought to be starving the Mississippi river delta of the sediment required to build new land and prevent the drowning of the river delta.

Jeffrey Nittrouer and Enrica Viparelli analysed sediment loads in the lower Mississippi River and found that although the total amount of sediment - both sand and mud - has diminished, the amount of sand has not significantly declined since dam construction. Furthermore, numerical modelling suggests that the amount of sand in the lower Mississippi River channel will decline by less than 20% in the next 600 years.

Assuming that sand is more important than mud for the construction of deltaic land, the study proposes that sand will be readily available in the coming centuries to help prevent the Mississippi River delta from drowning.

doi: 10.1038/ngeo2142

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度