Research press release

大気中に追加されたオゾン層破壊化合物

Nature Geoscience

Additional ozone-depleting compounds in the atmosphere

1960年代に新たな4種類のオゾン層破壊物質が大気中に出現したとの報告が、オンライン版に掲載される。これら化合物の放出量は小さいが、これはオゾン層破壊物質の放出を止めることを目的とした国際条約であるモントリオール議定書の背後にある意図とは全く逆である。

Johannes Laubeたちは、タスマニアで収集された空気試料とグリーンランドで深部で圧密された雪より抽出された空気試料の組成を検証した。彼らは、空気試料中に、3種類の新しいフロン化合物と1種類の新しい代替フロン化合物を同定した。 これらはかつてさまざまな家庭用電気器具に普通に使われていた、大気上層のオゾンを破壊する人工的な物質である。著者たちは、4種類の化合物は全て1960年代に大気中に現れ始め、それ以来、これらの化合物のうちの2種類は大気中の濃度が増加し続けていることを示している。

Four newly detected ozone-depleting substances started to emerge in the atmosphere in the 1960s, reports a study published online in Nature Geoscience. Although emissions of these compounds have been small, they are contrary to the intentions behind the Montreal Protocol, an international treaty designed to phase out emissions of ozone-depleting substances.

Johannes Laube and colleagues examined the composition of air samples collected from Tasmania and extracted from deep compacted snow in Greenland. They identify three new chlorofluorocarbon compounds, and one new hydrochlorofluorocarbon compound - man-made substances once common in various household appliances, that destroy ozone in the upper atmosphere - in the air samples. The authors show that all four compounds started to appear in the atmosphere in the 1960s, and that, since then, two of these compounds have continued to increase in concentration in the atmosphere.

doi: 10.1038/ngeo2109

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度