Research press release

大気が原因のハワイの地表オゾン量変化

Nature Geoscience

Atmospheric-induced shifts in surface ozone levels over Hawaii

大気循環の変化は、1980年代以降のハワイにおける地表オゾン量の異常な傾向を説明できるとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、大気下層のオゾン量の傾向を解釈する際には、気候の10年変動度を考慮に入れる必要があることを示唆している。

Meiyun Linたちは、過去30年間にわたる気候の10年変動とハワイのオゾン量との間の関連性を一連の気候モデルシミュレーションを用いて検証した。彼らは、ユーラシアからハワイへのオゾンに富んだ空気の流れが2000年代の春季には弱くなって春季のオゾン量を低下させたことを発見した。それとは対照的に、1990年代半ばからは秋季のハワイへのオゾンに富んだ空気の流れが強化され、この地域の秋季のオゾン量が上昇した。

関連するNews & ViewsでGuang Zengは、著者たちは「大気循環の変化により、1990年代以降のハワイにおける地表オゾン量の季節的な傾向が形成された」ことを示したと書いている。

Shifts in atmospheric circulation can explain anomalous trends in surface ozone levels over Hawaii since the 1980s, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that decadal variability in climate should be taken into account when interpreting trends in ozone levels in the lower atmosphere.

Meiyun Lin and colleagues examined the link between decadal variations in climate and Hawaiian ozone levels over the past three decades, using a suite of climate model simulations. They find that the flow of ozone-rich air from Eurasia to Hawaii weakened during spring in the 2000s, lowering springtime ozone levels. In contrast, the flow of ozone-rich air to Hawaii strengthened in autumn from the mid-1990s onwards, raising autumnal ozone levels in the region.

In an accompanying News and Views, Guang Zeng writes that the authors show that “shifts in atmospheric circulation have helped shape season-specific trends in surface ozone levels in Hawaii since the 1990s.”

doi: 10.1038/ngeo2066

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度