Research press release

若いグランドキャニオン

Nature Geoscience

Youthful Grand Canyon

米国南西部のグランドキャニオンは、これまで考えられていたよりも最近の、過去500万年から600万年の間に形成された若い地質峡谷であるとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。この形成年代については、熱心な議論があり、7000万年も前に形成されたと論じている研究者もいた。

Karl Karlstromたちは、侵食により岩石の上にある層が取り除かれて岩石が地球表面に現れた時期を測定する方法である温度年代学的手法を用いて、グランドキャニオンの4か所で形成時期に拘束条件を与えた。彼らは、2か所は古代の古峡谷であり、1つは5000万年から7000万年前の間に形成され、その他は1500万年から2500万年前の間に形成されたことを発見した。しかしながら、残りの2つの古峡谷は年代が若く、過去500万年から600万年に刻み出されていた。従って、研究者たちは、たとえ峡谷の一部が古くても、グランドキャニオンが現在見られるような1つの巨大なつながった峡谷となったのは、過去500万年から600万年の間に形成されたものも含めた全ての小さな峡谷がコロラド川の浸食によって連結したときであったと結論している。

The Grand Canyon in the southwestern USA is a young geologic canyon that formed in the past 5 to 6 million years, more recently than previously thought, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The timing of its formation has been strongly debated, with some arguing it formed as long as 70 million years ago.

Karl Karlstrom and colleagues used thermochronology, a dating method that can measure the time when rocks were brought to Earth’s surface due to erosion removing the layers of rock above, to constrain the timing of the formation of four segments of the Grand Canyon. They find that two of the segments are ancient palaeocanyons - one formed between 50 and 70 million years ago and the other formed 15 to 25 million years ago. However, the remaining two palaeocanyon segments are young, carved out only in the past 5 to 6 million years. So even though parts of the canyon are old, the researchers conclude that the Grand Canyon can only have become one giant throughgoing canyon, similar to what we see today, when all of the smaller canyon segments, including those only formed in the last 5 to 6 million years, became linked due to erosion from the Colorado River.

doi: 10.1038/ngeo2065

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度