Research press release

西南極氷床下のマグマ移動

Nature Geoscience

Magma movement beneath the West Antarctic Ice Sheet

西南極氷床の下の地殻にマグマが移動している可能性があるという報告が、今週オンライン版に掲載される。西南極にはいくつかの火山が存在することが知られているが、現在も活動していると考えられるているものはない。

Amanda Loughらは西南極の高地で得られた地震データを解析した。彼らは、2010年と2011年に西南極氷床の下の深さ25~40キロメートルで起きた2つの群発地震活動を同定した。群発地震活動は活動する火山下でマグマが地殻に移動することで起きる地震に典型的な特徴を示している。この場所における噴火がその上の厚い氷を貫通することはありそうもないが、噴火による熱流が氷床の底を溶かす可能性はある。

関連するNews&Viewsの記事でJohn Behrendtは「この過程は氷床の底の滑りをよくする可能性があり、その上の氷の流れを助け、氷の流路を作り出す可能性がある。これらすべての過程は、西南極の氷損失を加速させる可能性がある」と述べている。

Magma could be moving in the crust beneath the West Antarctic Ice Sheet, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Several volcanoes are known to exist in West Antarctica, but none were thought to be active at present.

Amanda Lough and colleagues analysed seismic data from a highland range in West Antarctica. They identified two earthquake swarms, one in 2010 and the other in 2011, occurring at depths of about 25 to 40 km below the West Antarctic Ice Sheet. The earthquake swarms exhibited characteristics typical of earthquakes that occur beneath active volcanoes, and that are generated by magma moving in the crust. Although an eruption at this site would be unlikely to penetrate the thick overlying ice, heat flow from an eruption could melt the base of the ice sheet.

In an accompanying News and Views article, John Behrendt says: “This process could potentially lubricate the ice-sheet bed, help the overlying ice to flow, and facilitate the evolution of ice streams. All these processes could lead to accelerating ice mass loss in West Antarctica.”

doi: 10.1038/ngeo1992

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度