Research press release

米国熱波の予測方法

Nature Geoscience

How to foresee a US heat wave

米国における熱波は、15~20日前に特定のパターンの大気循環が先行する傾向があるとの報告が、今週オンライン版で掲載される。この発見は、熱波の予測可能性を改善するために役立つ可能性がある。

大気大循環モデルを用いて、Hayan Tengらは1万2000年予測の中で米国熱波の先行現象として北半球に広がる、5個の高気圧系の大気パターンを同定した。彼らは、この大気パターンは気候システムの自然の変動度のみにより生成されうるものであり、アジア・モンスーンの降雨や海水面温度分布と必ずしも関連があるわけではないと述べている。

Heat waves in the United States tend to be preceded by 15 to 20 days by a specific pattern of atmospheric circulation, concludes an article published online this week in Nature Geoscience. The finding could help to improve the predictability of heat waves.

Using an atmospheric general circulation model, Hayan Teng and colleagues identified an atmospheric pattern of five high-pressure systems that span the Northern Hemisphere as a precursor of US heat waves in a 12,000-year simulation. They note that this atmospheric pattern can be generated solely by the natural variability within the climate system, and is not necessarily linked to Asian monsoon rainfall or to patterns in sea surface temperatures.

doi: 10.1038/ngeo1988

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度