Research press release

地滑りで生成されたハイチの津波

Nature Geoscience

Landslide-generated tsunamis in Haiti

2010年ハイチ地震によって生成された地面の動きが、地震が引き金となった海岸の地滑りと組み合わさっていくつかの小さな津波を生成したと、Nature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。ハイチを通っている断層のような横ずれ断層は津波とは関係ないのが普通である。

地質学的野外データと海底画像を用いて、M Hombachらは、津波を生成するには通常は十分ではない地面のわずかな隆起を報告している。しかしながら、彼らは地震がいくつかの海底地滑りも起こしたことを見つけており、これが地面の動きと一緒になって局所的な津波を生成したのである。

Hombachらは、この地域の海岸の状態と速い堆積速度が、これまで予想されていたよりもより頻繁にハイチで、地滑りにより生成された津波を発生させたと結論している。

The ground motion produced by the 2010 Haiti earthquake — in combination with quake-triggered coastal landslides — generated several small tsunamis, according to a study published online this week in Nature Geoscience. Strike-slip fault systems, such as the one that runs through Haiti, are not usually associated with tsunamis.

Using geologic field data and images of the ocean floor, Matthew Hornbach and colleagues documented only modest uplift of the ground surface that would not usually be sufficient to generate a tsunami. However, they found that the earthquake also caused several submarine landslides, which, together with the ground motion, resulted in the production of local tsunamis.

The researchers conclude that the coastal setting and high sedimentation rates in this region probably cause landslide-generated tsunamis much more frequently in Haiti than previously predicted. This paper is one of the first two to be published this month as part of Nature Geoscience’s special issue on the Haiti earthquake.

doi: 10.1038/ngeo975

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度