Research press release

植物多様性が変化を遅らせる

Nature Geoscience

Plant diversity slows change

気候と植生に同時に突然発生する変化は、多様な植物生態系の存在により減じることができるという報告が、今週オンライン版に掲載される。この研究は、約4000年前のアフリカ湿潤期の末期に起きた草原から砂漠への変化は、多様な水蒸気を必要とする植物種が繁茂していた地域では突然ではなくゆっくりとしたものだったことを示している。

Martin Claussenたちは、水蒸気必要量により植物種を代表させた概念的モデルを用いて、植生と気候との間のフィードバックに対する植物多様性の影響を研究した。彼らは、ある植物種は降雨変化に敏感だとしても、植物系全体の気候変動に対する応答は植物の多様性が十分大きければゆっくりとしたものとなり得ることを発見した。しかしながら彼らは、この復元力は壊れやすいものであり、特定の植物種が取り除かれると気候と植生に突然の変化をもたらし得ると警告している。

「おそらく、植物多様性が気候に及ぼす影響を理解することはサハラ砂漠の植生を回復することに役立つ」と、Stefan Dekkerが関連するNews & Viewsの記事で述べている。

Abrupt concurrent changes in climate and vegetation can be dampened by the existence of a diverse plant ecosystem, concludes an article published this week in Nature Geoscience. The work suggests that the transition from grassland to desert at the end of the African Humid Period, about 4,000 years ago, was gradual as opposed to abrupt, in regions where plant species with a wide variety of moisture requirements thrived.

Martin Claussen and colleagues used a conceptual model that represents plant species according to their moisture requirements to study the impact of plant diversity on feedbacks between vegetation and climate. They find that even if some plant types are highly sensitive to changes in rainfall, the response of the entire vegetation system to climate change can be gradual if plant biodiversity is sufficiently high. They caution, however, that this resilience is fragile: the removal of specific plant types can lead to abrupt shifts in climate and vegetation.

“Perhaps understanding the climate impacts of plant biodiversity can also help with restoring vegetation in the Sahara”, says Stefan Dekker in an accompanying News and Views article.

doi: 10.1038/ngeo1962

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度