Research press release

農業は河川からの二酸化炭素の放出を増加させる

Nature Geoscience

Agriculture could increase the release of carbon dioxide from rivers

農業が盛んになると、その地殻の河川に溶解した有機物の化学的複雑さが減少する、とNature Geoscience(電子版)の研究が示している。有機物質が単純になると河川系からの二酸化炭素の放出に影響が及ぶ。

H Wilsonらは、カナダのオンタリオにある34河川に溶解した有機物質の性質を、農業の活動度の傾向に合わせて調べた。彼らは農地の耕作状況が高いほど河川に溶解した有機物質の構造的複雑性が減少することを発見した。彼らは、有機物質の複雑性が減少すると微生物が炭素を処理する速度が上昇すると示唆している。その結果、有機物質は堆積物の形で保存されたり、あるいは二酸化炭素として大気中に放出されたりすることで、河川から除去されやすくなる。

Intensive agriculture decreases the chemical complexity of dissolved organic matter in nearby rivers, suggests a paper online in Nature Geoscience. Simplification of organic material could affect the release of carbon dioxide from river systems.

Henry Wilson and colleagues examined the quality of organic matter dissolved in 34 rivers in Ontario, Canada, along a gradient of minimal-to-intensive agriculture. The researchers found that higher levels of cropland cultivation and usage resulted in a decrease in the structural complexity of the dissolved organic matter in the river. They suggest that the reduced complexity of organic matter could lead to elevated rates of microbial carbon-processing. As a result organic matter may be more readily removed from rivers ? either through storage in sediments or through release into the atmosphere as carbon dioxide.

doi: 10.1038/ngeo391

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度