Research press release

小さなメタン生成源

Nature Geoscience

Miniature methane source

熱帯に生えた木の枝に形成された小湿地は、温室効果ガスとなりうるメタンを放出するとの報告が寄せられている。熱帯森林は大量のメタンを大気に放出していると考えられるが、ガスの原因はよくわからないままである。

E Veldkampらは、エクアドルのアンデス山脈で、タンクブロメリアとして知られる熱帯に生えた木の枝で生長する植物を収集し、そのメタン放出を測定した。すべての植物が、その葉の底にあるタンク状構造に溜まった水の中にいるメタン生成細菌によってメタンを放出していた。

Veldkampらは、この植物は、森林の天蓋の下にある見えない湿地と共に小湿地として働き、熱帯森林上でメタン濃度が高いことを説明できると示唆している。関連するNews and Viewsで、J B Yavittは次のように述べている。「この研究が人里離れたほかの場所に潜む秘密の湿地を探すきっかけになることを期待します。個人的には、そうしたはっきりしない湿地は数多く見逃されており、発見されることを待っていると考えています」。

Miniature wetlands that form on the branches of tropical trees emit methane, a potent greenhouse gas, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. Tropical forests are thought to emit large quantities of methane to the atmosphere, but the source of the gas has remained uncertain.

Edzo Veldkamp and colleagues collected plants that grow on the branches of tropical trees — known as tank bromeliads — in the Ecuadorian Andes, and measured their methane emissions. All plants emitted methane, due to the accumulation of methane-producing microbes in water-filled tank-like structures at the base of their leaves.

The authors suggest that the plants act as miniature wetlands and, together with other wetlands hidden beneath the forest canopy, could help to explain the high methane levels above tropical forests. In an accompanying News and Views, Joseph B. Yavitt writes, “Hopefully, the work will spur the search for cryptic wetlands lurking in other remote places. Personally, I believe that we have missed many obscure wetlands out there and they are waiting to be discovered.”

doi: 10.1038/ngeo980

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度