Research press release

地震が引き金となったアラビア海のメタン放出

Nature Geoscience

Quake-triggered methane release in the Arabian Sea

20世紀半ばに起きたマグニチュード8.1の地震はアラビア海海底からの大量のメタン(強力な温室効果ガス)放出の引き金になった可能性があるという報告が、今週オンライン版に掲載される。地震が引き金となったメタン放出がよくある出来事ならば、全球炭素収支に大きく寄与する可能性がある。

David Fischerらは、地震学および地球化学的データを用いてパキスタン沖の海底堆積物の画像を作り解析した。彼らは、1945年に起きたアラビア海で観測された地震としては最大の地震が、おそらく壊れやすいガスハイドレートを保存していた堆積層を破壊したことをみつけた。研究者等は、大量のメタンが地震に引き続く数十年の間に海洋に放出されたと見積もっている。ガスハイドレートは地震活動が活発な多くの地域で見つかっており、したがって地震はそれらを放出する重要な自然の引き金となる可能性がある。

A magnitude 8.1 earthquake in the mid-twentieth century could have triggered the release of large amounts of methane - a potent greenhouse gas - from the Arabian sea floor, reports a study published online this week in Nature Geoscience. If quake-triggered release of methane is a common occurrence, it could contribute significantly to the global carbon budget.

David Fischer and colleagues use seismic and geochemical data to image and analyse seafloor sediments off Pakistan. They find that the strongest earthquake recorded for the Arabian Sea, which occurred in 1945, probably fractured sediments that held stores of fragile gas hydrates. The researchers estimate that significant amounts of methane may have escaped into the ocean in the decades following the earthquake. Gas hydrates are common in many seismically active regions, and earthquakes could therefore provide an important natural trigger for their release.

doi: 10.1038/ngeo1886

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度