Research press release

隕石衝突が地球に生命を植えつける手助けをした

Nature Geoscience

Meteorite impacts may have helped spawn life on Earth

最も一般的な種類の隕石が初期の海洋に衝突することで、生命に必要なある種の複雑な有機物分子が生成された、とNature Geoscience(電子版)の研究が報告している。

初期の生命に使われる元素の多くは初期地球に存在したが、それが生命の構成材料としてどのように組織されたかはよくわかっていない。東北大学の古川善博らは推進銃を用いて、鉄と炭素を含む隕石と地球の初期海洋の化学組成を模した水とアンモニアとの衝突をシミュレーションした。高速の衝突の後で研究チームは簡単なアミノ酸を含む有機物分子の混合物を得ることが出来た。

研究チームは、初期地球で頻繁に起きていた隕石衝突事件は、生命の基礎を形成した複雑な有機物分子を生成することに寄与したと結論づけている。

Impacts in the early oceans from the most common type of meteorites may have generated some of the complex organic molecules necessary for life, reports a study online in Nature Geoscience.

Although many of the starting elements of life were present on early Earth, it is unclear how they became organized into the building blocks of life. Yoshihiro Furukawa and colleagues used a propellant gun to simulate the impact of an iron and carbon-bearing meteorite, into a mixture of water and ammonia to mimic the chemistry of Earth’s early oceans. After the high-velocity impact, the team recovered a mixture of organic molecules, including a simple amino acid.

The group concludes that meteorite impact events, which were frequent on early Earth, may have contributed to the creation of complex organic molecules that formed the basis for life.

doi: 10.1038/ngeo383

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度