Research press release

海洋動物の移動が海洋酸素損失を増大させる

Nature Geoscience

Marine animal migration intensifies oceanic oxygen loss

海洋小動物が毎日海洋の深部へ移動することで、外洋の低酸素水における酸素欠乏が増大すると報告が今週掲載される。この発見は、将来海洋の酸素レベルが変化したときに、これら海洋動物の移動パターンが変化する可能性があることを示唆している。

Daniele Bianchiらは、日中に海洋動物が潜航する深さを、1990年から2011年の間に全球で得られた音響データを用いて検証した。彼らは、表面下の酸素濃度が高いときはこれらの動物はより深く潜ることを見つけた。酸素が低い地域では、動物は低酸素水の上限まで移動するだけである。数学モデルを用いて、彼らは小動物の日々の移動は海洋の酸素極小帯における酸素損失を悪化させることを示している。

The daily migration of small marine animals to oceanic depths intensifies oxygen depletion in low-oxygen waters of the open ocean, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that future changes in oceanic oxygen levels could alter the migratory patterns of these marine animals.

Daniele Bianchi and colleagues examined the depth to which marine animals dive during the day, using acoustic data obtained from across the globe between 1990 and 2011. They find that animals dive deeper when subsurface oxygen concentrations are high. In low oxygen areas, animals only migrate as far as the upper bounds of the low oxygen waters. Using a mathematical model, they show that the daily migration of small animals exacerbates oxygen loss in oxygen minimum zones of the ocean.

doi: 10.1038/ngeo1837

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度