Research press release

氷の融解による最近の海面上昇

Nature Geoscience

Recent sea-level rise from ice melt

2005年と2011年の間の海面上昇は主に山脈氷河と極域氷床の融解によって生じたという報告が、今週オンライン版に掲載される。この発見は、この期間に海面が毎年2.4ミリメートル上昇したことを示唆している。

Jianli Chenたちは、GRACE人工衛星の重力データを用いて、2005年と2011年の間の海水質量変化を見積もった。彼らは、この期間に海水質量は増加して、年間1.8ミリメートルの海面上昇をもたらしたが、これは主にグリーンランドと南極氷床および山脈氷河の融解が原因であったことを示している。彼らは、同じ期間での密度低下が毎年0.6ミリメートルの海面上昇をもたらしたと見積もっている。これら二つの手法により求められた全体の海面上昇は、人工衛星高度計により得られた毎年2.39ミリメートルの海面上昇の見積もりを独立して支持する結果となっている。

Sea-level rise between 2005 and 2011 was predominately caused by the melting of mountain glaciers and polar ice sheets, reports a paper published online this week in Nature Geoscience.The findings suggest that sea level rose by 2.4 mm per year over this period.

Jianli Chen and colleagues used gravity data from the GRACE satellites to estimate changes in ocean mass between 2005 and 2011.They show that the ocean mass increased over this period, resulting in a 1.8 mm rise in sea level per year, largely due to the melting of ice sheets in Greenland and Antarctica, and mountain glaciers.In addition, they assessed changes in ocean density using data from a network of ocean floats.They estimate that a reduction in density over the same period led to a sea-level rise of 0.6 mm per year.Total sea-level rise obtained from these two techniques provides independent support for the estimate of 2.39 mm per year derived from satellite altimeters.

doi: 10.1038/ngeo1829

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度