Research press release

大量絶滅が支配する貝殻

Nature Geoscience

Shells ruled by mass extinctions

サンゴや軟体動物などの海洋石灰質生物が地質学的時間を通じて骨格を形成する過程は、海洋の化学的性質が全球で変化することではなく、大量絶滅からの回復によって支配されている。これまでの研究は、海洋のマグネシウム含有量変化が生物の骨格を形成するために用いる鉱物を支配していることを示唆していた。

海洋の石灰化生物は、その生物の生理機能に応じて、アラゴナイトかカルサイトの炭酸塩カルシウムの殻を分泌する。現在の海洋では、アラゴナイトが大勢を占め、カルサイトを分泌する生物は20%以下である。

Nature Geoscience(電子版)でW Kiesslingらは、大量の古生物データベースを用いて、この関係を過去5億年にわたって検証した。その結果、カルサイト分泌生物の割合は、海洋の化学的性質ではなく、大量絶滅とその回復期間と強い関連があることが分かった。彼等は、海洋石灰化生物群の進化の運命は、海洋の化学的性質が周期的に変化することではなく、大量絶滅から選択的に回復することに強く依存していると示唆している。

The skeletal make-up of marine calcareous organisms such as corals and molluscs throughout geologic time is controlled by recovery from mass extinctions, rather than global changes in ocean chemistry. Previous work had suggested that changes in the magnesium content of the oceans controlled what mineral the animals used to create skeletons.

Marine calcifying organisms secrete shells of either the aragonite or calcite forms of calcium carbonate, depending on the organisms’ physiology. In the modern ocean, which favours aragonite, less than 20% of organisms secrete calcite.

Online in Nature Geoscience this week, Wolfgang Kiessling and colleagues used large palaeontology databases to examine this relationship over the past 500 million years. They find that the percentage of calcite secretors has a stronger relationship with mass extinctions and recovery periods than with ocean chemistry. The authors suggest that evolutionary fate of groups of marine calcifyers strongly depends on selective recovery from mass extinctions, rather than periodic changes in ocean chemistry.

doi: 10.1038/ngeo251

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度