Research press release

メタンを食べるスギゴケ

Nature Geoscience

Methane-eating moss

メタンを消費するバクテリアは、地球上の泥炭湿地帯で成長するスギゴケと群叢を形成し、湿地帯からのメタン放出を減少させる可能性があるとの報告が寄せられている。泥炭湿地帯は大量のメタン(強力な温室効果ガス)を大気に放出し、その寄与は温暖化した世界では増加することが予想されている。

H Op den Campらは、地球上の泥炭湿地帯で収集されたスギゴケのメタン消費を測定した。彼らは、すべてのスギゴケが、その中で生息しているメタン消費バクテリアとの共生関係によりメタンを消費することを発見した。彼らはまた、スギゴケがメタンを吸収する能力は温度共に増大することも認めている。

したがって著者らは、共生関係が、温暖化した地球における泥炭湿地帯からのメタン放出の予想される増加を相殺する可能性があると示唆している。

Methane-consuming bacteria form associations with mosses growing in peat bogs around the globe, potentially reducing methane emissions from the bogs, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. Peat bogs release large quantities of methane ― a potent greenhouse gas ― into the atmosphere, a contribution that is expected to increase in a warmer world.

Huub Op den Camp and colleagues measured methane consumption in mosses collected from peat bogs around the globe. They found that all mosses consumed methane, owing to a symbiotic association with methane-eating bacteria living within them. They also noted that the capacity of the mosses to soak up methane increased with temperature.

The researchers therefore suggest that the symbiosis could counteract projected increases in the release of methane from peat bogs under global warming.

doi: 10.1038/ngeo939

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度