Research press release

太陽系最古のジルコン

Nature Geoscience

The Solar System’s oldest zircon

地球を含む主要な惑星から見つかった中で最も古いジルコン鉱物が、月の表面で見つかった。44億1,700万年前の年代をもつ微小ジルコン結晶は月表面の歴史の中で重要な位置を占めていると、今週号のNature Geoscience onlineの論文が示している。

A Nemchinらは、小さな鉱物粒に含まれる鉛とウラン同位体を測定し、結晶形成年代を決定した。ジルコンはジルコニウムとシリカからなる鉱物で、溶けて加熱された岩石の冷却により形成される。月は一般的に月と火星サイズの小惑星との衝突で形成されたと考えられており、それによって月の表面をマグマのプールで覆ったと考えられている。ジルコンはこの月のマグマオーシャンの90パーセントが固化したときに形成されたと思われるので、この年代はこの程度の固化が月形成後1億年で生じたことを示している。

The oldest known zircon mineral from any major planetary body, including Earth, has been found on the surface of the Moon. At 4,417 million years old, the microscopic zircon crystal provides an important landmark in the history of the Moon’s surface, according to a paper online this week in Nature Geoscience.

Alexander Nemchin and colleagues measured the lead and uranium isotopes contained in the tiny grain to determine the age of crystal formation. Zircons are minerals composed of zirconium and silica, and are formed through the cooling of molten and heated rocks. The Moon is generally believed to have formed through a collision between Earth and a Mars-sized asteroid, which formed a Moon covered by a pool of magma. As zircons should have formed when about 90 per cent of this lunar magma ocean solidified, the age shows that this degree of solidification was reached about 100 million years after the Moon’s formation.

doi: 10.1038/ngeo417

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度